気鋭の研究者が選ぶイギリス史・ヨーロッパ史研究の入門書
『痛みと感情のイギリス史』刊行記念フェア
選者・伊東剛史氏(東京外国語大学)、後藤はる美氏(東洋大学)、那須敬氏(国際基督教大学)
著者の3氏の選ぶイギリス史・ヨーロッパ史研究の入門書を文化史を中心にご案内します。

【2017年5月11日更新】

※一部品切れのタイトルも含まれております。ご了承ください。

痛みと感情のイギリス史

 

伊東剛史/後藤はる美/那須敬 ほか

2017/03  東京外国語大学出版会

定価:¥2,808(本体 ¥2,600)


歴史から浮かび上がる〈感情〉の共同体
痛みは普遍的なのか――生と痛みが絡まり合う感情の諸相を、イギリス史を舞台に描き出す。
17世紀から20世紀のイギリスをフィールドとして、神経医学の発達、貧者の救済、聖職者の処刑、宗教改革期の病、魔女裁判、夫婦間の虐待訴訟、動物の生体解剖などを題材に、6名の研究者が史料に残された〈生きられた痛み〉を照らし出し、感情を歴史学の視点から考えるための視座を開く。

『痛みと感情のイギリス史』《目次》
無痛症の苦しみ(伊東剛史)
Ⅰ 神経 医学レジームによる痛みの定義(高林陽展)
Ⅱ 救済 19世紀における物乞いの痛み(金澤周作)
Ⅲ 情念 プロテスタント殉教ナラティヴと身体(那須敬)
Ⅳ 試練 宗教改革期における霊的病と痛み(後藤はる美)
Ⅴ 感性 18世紀虐待訴訟における挑発と激昂のはざま(赤松淳子)
Ⅵ 観察 ダーウィンとゾウの涙(伊東剛史)
ラットの共感?(後藤はる美)
痛みと感情の歴史学(伊東剛史/後藤はる美)

座談会『痛みと感情のイギリス史』とEarly English Books Online
http://www.kinokuniya.co.jp/03f/denhan/chadwyck/umi/eebotalk.htm
著者の3氏にイギリス史研究と電子資料の活用についてたっぷりと語っていただきました。


『痛みと感情のイギリス史』著者・東京外国語大学 伊東剛史氏、東洋大学 後藤はる美氏、国際基督教大学 那須敬氏 選定タイトル


1. 歴史学の現在

歴史

ジョン・H.アーノルド/新広記
2003/06
岩波書店
定価:税込¥1,728

文化史とは何か 増補改訂版

ピーター・バーク/長谷川貴彦
2010/01
法政大学出版局
定価:税込¥3,024

ミクロストリアと世界史 : 歴史家の仕事について

カルロ・ギンズブルグ/上村忠男
2016/09
みすず書房
定価:税込¥4,536


歴史の喩法 : ホワイト主要論文集成

ヘイドン・ホワイト/上村忠男
2017/03
作品社
定価:税込¥3,456

グローバル時代の歴史学

リン・ハント/長谷川貴彦
2016/10
岩波書店
定価:税込¥2,916

MINERVA世界史叢書 総論

秋田茂/秋田茂
2016/09
ミネルヴァ書房
定価:税込¥5,940


歴史学の最前線 : 〈批判的転回〉後のアナール学派とフランス歴史学

小田中直樹
2017/03
法政大学出版局
定価:税込¥3,996

歴史の歴史

樺山紘一
2014/12
千倉書房
定価:税込¥3,240

現代歴史学への展望 : 言語論的転回を超えて

長谷川貴彦
2016/05
岩波書店
定価:税込¥3,024


礫岩のようなヨーロッパ

古谷大輔/近藤和彦
2016/07
山川出版社(千代田区)
定価:税込¥4,104

世界史/いま、ここから

小田中直樹/帆刈浩之
2017/04
山川出版社(千代田区)
定価:税込¥2,484

海のイギリス史 : 闘争と共生の世界史

金澤周作
2013/07
昭和堂(京都)
定価:税込¥3,024


2. イギリス史とヨーロッパ史~文化史を中心に~

文化の新しい歴史学

リン・ハント/筒井清忠
2015/10
岩波書店
定価:税込¥3,348

痛みの文化史

デイヴィド・B.モリス/渡辺勉(翻訳)
1998/05
紀伊国屋書店
定価:税込¥6,264

感性の歴史

リュシアン・フェーヴル/小倉孝誠
1997/06
藤原書店
定価:税込¥3,888


チーズとうじ虫 : 16世紀の一粉挽屋の世界像

カルロ・ギンズブルグ/杉山光信
2012/06
みすず書房
定価:税込¥4,104

人間と自然界 : 近代イギリスにおける自然観の変遷

キース・ヴィヴィアン・トマス/中島俊郎
1989/08
法政大学出版局
定価:税込¥5,076

セックスの発明 : 性差の観念史と解剖学のアポリア

トマス・ラカー/高井宏子
1998/04
工作舎
定価:税込¥5,184


近代人の誕生 : フランス民衆社会と習俗の文明化

ロベール・ミュシャンブレッド/石井洋二郎
1992/09
筑摩書房
定価:税込¥6,264

人権を創造する

リン・ハント/松浦義弘
2011/10
岩波書店
定価:税込¥3,672

フランス革命の政治文化

リン・ハント/松浦義弘
1989/03
平凡社
定価:税込¥4,404


猫の大虐殺

ロバート・ダーントン/海保真夫
2007/10
岩波書店
定価:税込¥1,296

古文書の中のフィクション : 16世紀フランスの恩赦嘆願の物語

ナタリー・ゼーモン・デーヴィス/成瀬駒男
1990/02
平凡社
定価:税込¥2,916

イギリス文化史

井野瀬久美恵
2010/10
昭和堂(京都)
定価:税込¥2,592


創られた伝統

エリック・ホブズボーム/テレンス・レンジャー
1992/06
紀伊国屋書店
定価:税込¥5,137

スキャンダルと公共圏

ジョン・ブリュア/近藤和彦
2006/04
山川出版社(千代田区)
定価:税込¥2,052

女性を弄ぶ博物学 : リンネはなぜ乳房にこだわったのか?

ロンダ・シービンガー/小川眞里子
1996/10
工作舎
定価:税込¥3,456


階級としての動物 : ヴィクトリア時代の英国人と動物たち

ハリエット・リトヴォ/三好みゆき
2001/09
国文社
定価:税込¥4,320

未知へのフィールドワーク : ダーウィン以後の文化と科学

ジリアン・ビア/鈴木聡
2010/12
東京外国語大学出版会
定価:税込¥4,536

チャリティとイギリス近代

金澤周作
2008/12
京都大学学術出版会
定価:税込¥5,400


虜囚 : 一六〇〇~一八五〇年のイギリス、帝国、そして世界

リンダ・コリー/中村裕子
2016/12
法政大学出版局
定価:税込¥8,424