【Kinoppy】

ブランドおよびブランディング: 関連洋書(電子書籍) ご案内

特定の商品・サービスを示す「ブランド」は、マーケティングの領域から次第に対象範囲を広げ、様々な領域で使われる概念となりました。ここではビジネスやそれ以外の領域(高等教育、都市、個人)における価値表現としての「ブランディング」について2017年以降に刊行された洋書電子書籍をご案内いたします。

【2018年3月23日更新】

※当ページの出版年は紙の書籍の情報を表示しています。電子書籍の出版年はタイトルクリック後の電子書籍詳細画面をご覧ください。
「紙の書籍はこちら」は、複数の装丁刊行がある場合、その中の一つにリンクされています。紙の書籍詳細画面上に 「装丁違いISBN」のリンクがある場合、こちらから他の装丁刊行情報もご確認いただけます。

商品詳細へ一冊でわかるブランド化
Branding : A Very Short Introduction (Very Short Introductions)

Jones, Robert
紙版刊行: 2017/08
Oxford Univ Pr




ブランドが商業・社会・文化に及ぼしている巨大な力、その長所・短所、ブランディング・ビジネスというもの、ブランドやブランディングの将来について考察する。

商品詳細へオスカー・ワイルドというブランド
Branding of Oscar Wilde (Routledge Studies in Nineteenth Century Literature)

Gillespie, Michael Patrick
紙版刊行: 2017/11
Routledge




オスカー・ワイルドは計算ずくの行動、挑発的な口調、人目を引く服装によって自身をブランド化した故に、これらの要素とその進化を理解することが彼の芸術を理解する上で不可欠との観点に立ち、そのブランド形成の各過程がどのようにワイルドの著作への評判に影響したかを検証する。

商品詳細へワインをめぐるブランド戦略
Wine and Identity : Branding, Heritage, Terroir (Routledge Studies of Gastronomy, Food and Drink)

Harvey, Matt/ White, Leanne/ Frost, Warwick (EDT)
紙版刊行: 2017/06
Routledge




ワイン・メーカーやワイン産地が行なうワインおよび産地のブランド化、産地の文化遺産とマーケティングとの強い結合、産地のトータル価値の宣伝などに着目し、それらがワインおよびツーリズムにもたらしている変化を考察する。

商品詳細へ国家・場所・製品のブランド管理
Branding the Nation, the Place, the Product (Routledge Studies in Human Geography)

Ermann, Ulrich/ Hermanik, Klaus-jrgen (EDT)
紙版刊行: 2017/11
Routledge




国や都市、観光地域、それらの場所の産品、文化活動などが、ブランディングを通じて商品化してゆく複雑な過程を、地理学・歴史学・政治学・文化・メディア学などの観点から論説する。

商品詳細へ都市のブランド化
City Branding : The Ghostly Politics of Representation in Globalising Cities

Vanolo, Alberto
紙版刊行: 2017/02
Routledge




1990年代以降の都市開発政策にとって重要な要素となった都市のブランド化が住民、観光客、投資家、消費者の意識に及ぼす影響と、ブランド化の政治社会的・文化的意味を考察する。

商品詳細へブランドと都市
Brands and the City : Entanglements and Implications for Urban Life (Cities and Society)

Bookman, Sonia
紙版刊行: 2017/12
Routledge




ブランドについての近年の社会学的研究に立脚しながら、ブランド、消費、都市生活の間の複雑な関係に着目し、ブランド化がいかに都市や特定の場所を社会的・空間的・文化的に区別しその外の人びとや活動を排除してゆくようになるかを考察する。

商品詳細へ高等教育におけるブランディングを理解する
Understanding Branding in Higher Education : Marketing Identities (Marketing and Communication in Higher Education)

Lowrie, Anthony
紙版刊行: 2017/10
Palgrave Macmillan




高等教育は国民の幸福と民主主義の実現に必要な基本的権利であり、すべての国民に提供されるべきであると位置づけた上で、高等教育のブランディング理論を提示する。

商品詳細へ高等教育のブランディングとマーケティング
Competition in Higher Education Branding and Marketing : National and Global Perspectives

Papadimitriou, Antigoni (EDT)
紙版刊行: 2017/09
Palgrave Macmillan




高等教育におけるブランディングとマーケティング活動を、アジア・アフリカ・欧米・南米の実例に基づき、高等教育・社会学・比較教育・国際教育・マーケティングの各領域における専門家が検証してゆく。

商品詳細へハリウッド・ブランドの誕生
The Hollywood Brand : Movies and American Modernity

Catapano, Peter M.
紙版刊行: 2018/02
Routledge




映画が、大衆娯楽の対象から博物館・学術研究の対象としての芸術へと変容していった過程をたどり、米国の象徴としてのハリウッド・ブランドが誕生した歴史的文脈を示す。

商品詳細へ世界有数のスポーツ・ブランドに学ぶ教訓
Brand Fans : Lessons from the World's Greatest Sporting Brands

Smith, A. C. T./ Stavros, C./ Westberg, K.
紙版刊行: 2017/01
Palgrave Macmillan




スポーツ界のトップブランドが用いる価値共創、個性化、顧客関与の先端的な手法を解き明かし、企業がいかにすれば密接で永続的な支持者を育てつつ、その過程でブランド資産を飛躍的に増大させられるかを考える。

商品詳細へ新技術とブランディング
New Technologies and Branding

Sachetti, Philippe/ Zuppinger, Thibaud
紙版刊行: 2018/03
Iste/Hermes Science Pub




新技術や新手の市場操作術によって変わってゆく市場環境におけるブランド防衛法を提案する。

商品詳細へブランド管理:意義あるブランド共創
Brand Management : Co-creating Meaningful Brands

Beverland, Michael
紙版刊行: 2018/02
Sage Pubns Ltd




ソーシャルメディアや参加型デジタルプラットフォームによって変化したブランドやブランディングの役割を、バーガーキング、レゴ、マセラッティ、HSBCなどの多様な実例をもとに、消費者との共創という観点から解説する。

商品詳細へブランド変革
Brand Transformation : Transforming Firm Performance by Disruptive, Pragmatic and Achievable Brand Strategy

Glanfield, Keith
紙版刊行: 2018/02
Routledge




企業が、経常活動を阻害・逸脱せずにブランド変革を実現してゆく上で必要な現状診断と、ブランド変革の実行体制・手法・設計などを実践的に指南する。

商品詳細へ参加型の地域ブランディングへ
Inclusive Place Branding : Critical Perspectives on Theory and Practice (Routledge Studies in Critical Marketing) Critical

Karavatzis, Mihalis/ Giovanardi, Massimo/ Lichrou, Maria (EDT)
紙版刊行: 2017/11
Routledge




これまでの地域ブランディングが基本的に政治目的に基づくもので、地元社会を軽視したものだったとの批判的視点に立ち、ブランディングの意思決定は地元住民の参画のもとに行なわれるべきだと説く。

商品詳細へ組織の危機とブランド・トラウマ対処法
Managing Organizational Crisis and Brand Trauma

Tafoya, Dennis W.
紙版刊行: 2017/08
Palgrave Macmillan




フォルクスワーゲンによる排ガス不正、ウェルズファーゴ銀行による口座不正、警察官による侵害行為、政治家・教育者・有名人によるセクハラなどがもたらす組織の危機とブランドトラウマへの対処法を、法律・犯罪学、マーケティングや広報の観点から考察する。