【3月の新刊】日経BP 調査・分析レポートのご案内
日経BP総研 未来ラボは、社内外から得た膨大な知見とデータから未来像を描き出し、それを基に企業活動における戦略立案、事業創出を支援するための専門機関です。
2006年の「未来予測レポート」発行以来、レポートの拡充と更新を重ね累計で約70のレポートを発行、これらは2,500以上の企業/団体で活用されています。
今回は、3月刊行の調査・分析レポートをご紹介いたします。

~オンライン【レポート検索・生成】サービス~
レポートの本文や図表を手軽に社内資料や営業提案にご利用いただけるオンラインのオプションサービスです。
詳しくはこちらをご覧ください。動画でも利用方法をご紹介しております。
オンラインサービスの体験版はこちら。
※「オンライン[レポート検索・生成]サービス」の利用可能期間は、本サービス登録完了から1年間です。

☆既刊レポートはこちら

☆『日経BP総研 未来ラボ 総合カタログ2021』はこちら

【2021年3月24日更新】

2021年3月刊行

1

商品詳細へ

SIビジネス未来戦略 ポストコロナ編(書籍+オンラインサービスセット)  

桑津浩太郎

2021/03  日経BP

定価:¥330,000(本体 ¥300,000)

多くの企業がテレワークを取り入れ、非対面・非接触・無人化を推進するなど、デジタル化を最優先課題に置いています。顧客企業のDXが加速することで、SIビジネスはどのような影響を受けるのか、SI企業はどう対応していけばよいのか、SI企業自身のDX変革をどう進めるべきか、分析・解説します。


2

商品詳細へ

テクノロジー・ロードマップ2021-2030 医療・健康・食農編  

出川通

2021/03  日経BP

定価:¥495,000(本体 ¥450,000)


COVID-19のパンデミックは、医療の「オンライン化」「個別化」を加速させ、人々の健康状態や食農の分野にも様々な影響を与えています。一方でIoT、人工知能(AI)、ビッグデータなどの進化は、医療・健康・食農の分野に大きな変化をもたらし続けています。
本レポートは、ポストパンデミック時代において、イノベーションを起こす80テーマについて分析を深めました。「生活の質の向上」「社会的課題の解決」「ビジネス機会の拡大」という三つの視点を設定し、予防医療、アンチエイジング、腸内デザイン、介護ロボット、ウイルス検査、ホーム医福食農テック、ゲノムビジネス、再生医療、AIと医療、オンライン診療、がん早期診断、フードテック、スマート農業など、市場価値と時流の変化に合わせて進化する今後10年の技術の変遷を予測しています。


3

商品詳細へ

超万物開闢図譜  

川口盛之助

2021/03  日経BP社

定価:¥880,000(本体 ¥800,000)

『超万物開闢図譜』は「重量単価」という切り口で、世界と日本のあらゆる商品を分析し、付加価値アップの法則を明らかにしたレポートです。創意工夫の成果が反映されればされるほど価値の密度が高まり、重量単価は上がるはずです。
そこで農林水産物、医薬品、エネルギー源、有機系組成物、電子材料、金属、構造材、産業機器、モビリティー、コンピューター、家電品、医療用機器、電子部品、巨大建造物、嗜好品、超高級品など、30テーマに分類した約2,400種類のモノの重量単価を比較評価しました。幅広い分野・領域のモノの価値を見比べることで、付加価値アップのメカニズムが明らかになります。
未来学者の川口盛之助氏が、事業・商品開発に役立つように分かりやすく解説するとともに、付加価値アップのための「200の示唆」、「10大法則」、「3つの動機」を提示。日本のモノづくりの進むべき道筋を考察します。


4

商品詳細へ

日本の未来2021-2030 都市再生/地方創生編  

北川正恭

2021/03  日経BP社

定価:¥495,000(本体 ¥450,000)


COVID-19のパンデミックによって、「公共=行政」の構図に課題が山積していることに多くの人が気付きました。この状況下、日本でも、行政が整備したプラットフォーム上で、民間企業が公共サービスを提供する新しい形の官民共創が進みつつあります。いわば「行政のSaaS(Software as a Service)化」です。保育園、介護、教育、医療、公共交通といった様々な分野の社会課題を解決し、新しい社会システムを構築するには、「公共=行政・企業・NPO」の新しい形が必要です。
本レポートは、都市再生/地方創生の観点から、今後10年の日本の姿と関連ビジネスを予測します。拡大する都市と地方の格差、水平分業体制に移行する都市と地方、都市と地方をアップデートするテクノロジーを展望すると共に、医療・健康、スポーツ、観光、働き方、教育など民間企業にとってのビジネスチャンスを提示します。


5

商品詳細へ

金融DX戦略レポート  

日経FinTech 編集

2021/03  日経BP

定価:¥660,000(本体 ¥600,000)


金融DX戦略レポート(書籍+オンラインサービスセット)  

日経FinTech 編集

2021/03  日経BP

定価:¥990,000(本体 ¥900,000)

「金融DX戦略レポート」は、金融分野におけるデジタル変革の実態を多面的に調査、取材、分析することで、DXで成果を上げるために必要な情報を網羅します。独自調査「金融DX導入意向調査」では、銀行、証券、保険業界などにおけるデジタル化の実態や優先課題、今後の導入・投資意向などを明らかに。さらに、金融DXに関する主要なテクノロジーがいつ頃普及するのか、その実践ロードマップも提示します。また、「デジタル金融・注目8分野の市場規模予測」や「主要プレイヤー70社のDX勝ち残り戦略」に加え、大手SIerからスタートアップなど金融DXのパートナーの得意分野や重点施策をレポートします。
どの市場を狙い、どんな企業と組むのか。いかなる課題の解決を優先させるのか。そして、DXにどう取り組み、成功させるか。DXを成長の糧とするには、自社の立ち位置を見定め、確かな戦略を描き、果敢に行動するしかありません。ぜひ、「金融DX戦略レポート」を貴社の戦略策定にご活用ください。