書籍詳細

書籍詳細




和書

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

(日経BPクラシックス)

マックス・ヴェーバー   中山元

日経BP社;日経BP出版センター〔発売〕 '10.1.25 発行
531p 19cm(B6)   
ISBN: 9784822247911
KCN: 1010000992
原書名: Die protestantische Ethik und der Geist des Kapitalismus〈Weber,Max〉

定価:¥2,640(本体 ¥2,400)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 331.5
新聞掲載: 朝日新聞2010年01月31日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

ウェーバーは100年前、「禁欲」倫理から生まれ落ちた近代資本主義の最終段階に現れる「末人」をこう「預言」した。「精神のない専門家、魂のない享楽的な人間。この無にひとしい人は、自分が人間性のかつてない最高の段階に到達したのだと、自惚れるだろう」―宗教倫理が資本主義を発展させるダイナミズムを描いた名著。

目 次

第1章 問題提起(信仰と社会的な層の分化;資本主義の「精神」;ルターの天職の観念―研究の課題)
第2章 禁欲的プロテスタンティズムの職業倫理(世俗内的な禁欲の宗教的な基礎;禁欲と資本主義の精神)

著者紹介

ウェーバー,マックス (Weber,Max)
1864~1920。一九世紀から二〇世紀初頭に活躍したドイツの社会科学者。『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』や『儒教と道教』『古代ユダヤ教』を中核とする比較宗教社会学と、『支配の社会学』『社会学の基礎概念』『法社会学』など、死後、『経済と社会』としてまとめられた膨大な研究を残した。また、社会科学の方法論でも有名な『社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」』を書いている
中山元 (ナカヤマゲン)
思想家・翻訳者。1946年生まれ。東京大学教養学部中退。インターネットの哲学サイト『ポリロゴス』を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)