書籍詳細

書籍詳細




和書

政教分離を問いなおす―EUとムスリムのはざまで

ルネ・レモン   工藤庸子

青土社 '10.3.25 発行
331p 19cm(B6)   
ISBN: 9784791765362
KCN: 1011104835
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: L’INVENTION DE LA LAICITE FRANCAISE:De 1789 `a demain〈R´emond,Ren´e〉

定価:¥2,860(本体 ¥2,600)

この商品は出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合もありますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 316.2
KDC: D21 政治学一般/政治思想・理論
A21 宗教学一般
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

宗教と国家の錯綜した関係をふまえ、政教分離の原則とともに、創造すべき価値として生まれた「ライシテ」。「スカーフ事件」をはじめ、社会のなかに信仰を位置づけるための葛藤や模索がさまざまにつづくなか、フランス屈指の歴史学・政治学の泰斗が、われわれの背後に広がる歴史的、地政学的な文脈から、リベラリズムや多文化主義など世界のアクチュアルな問題に応答しつつ、具体的な例をとおして思考する。日本の読者のための詳細な「用語解説」・「関連年表」・「訳者解説」付き。

目 次

1 例外的なコメモラシオン
2 われわれは何を祝ったのか?
3 二百年の歴史
4 政教分離法
5 法の適用
6 ライシテと学校
7 ライシテと信教の自由
8 結論は出ていない
参考資料

著者紹介

レモン,ルネ (R´emond,Ren´e)
1918年生まれ。パリ高等師範学校に在学中、レジスタンスに参加。戦後はソルボンヌ大学の助手を出発点に、1964年にナンテールの学部に新設された「20世紀史」講座の教授となる。以降、さまざまの教育研究機関の要職を歴任。カトリックの知識人として、またフランスを代表する歴史学・政治学の泰斗として活躍。1981年からは「国立政治学研究所」総長、1998年にアカデミー・フランセーズ会員に選出。2007年に死去
工藤庸子 (クドウヨウコ)
1944年生まれ。現在、放送大学教授・東京大学名誉教授
伊達聖伸 (ダテキヨノブ)
1975年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。リール第三大学博士課程修了、Ph.D(パリ高等研究院との共同指導)。現在、東北福祉大学総合福祉学部の専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)