書籍詳細

書籍詳細




和書

民主政の不満―公共哲学を求めるアメリカ〈下〉公民性の政治経済

マイケル・J.サンデル   小林正弥

勁草書房 '11.3.20 発行
326p 21cm(A5)   
ISBN: 9784326101979
KCN: 1012583706
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: Democracy’s Discontent:America in Search of a Public Philosophy Part 2;The Political Economy of Citizenship〈Sandel,Michael J.〉

定価:¥3,300(本体 ¥3,000)

この商品は出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 312.53
KDC: D25 政治史・政治事情
書評掲載: 日本経済新聞2011年05月08日,産経新聞2011年06月05日,週刊読書人2011年07月01日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

コミュニタリアニズム的共和主義。アメリカの政治経済とその公共哲学。

目 次

第5章 初期共和国における経済論と美徳
第6章 自由労働対賃労働
第7章 共同体、自己統治、革新主義的改革
第8章 リベラリズムとケインズ革命
第9章 手続き的共和国の勝利と苦悩
結論 公共哲学を求めて

著者紹介

サンデル,マイケル・J. (サンデル,マイケルJ. Sandel,Michael J.)
1953年ミネアポリス生まれ。1975年ブランダイス大学卒業。ローズ奨学生としてオックスフォード大学ベリオール・カレッジで学び1981年博士号を取得。オックスフォード大学での指導教授はチャールズ・テイラー。1988年よりハーバード大学政治学教授。2002年から2005年までブッシュ大統領が設置した生命倫理委員会の委員を務めた
小林正弥 (コバヤシマサヤ)
千葉大学法経学部教授。公共哲学、政治哲学、比較政治(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)