書籍詳細

書籍詳細




和書

アウグスティヌスの愛の概念

(始まりの本)

ハンナ・アーレント   千葉眞

みすず書房 '12.1.10 発行
303p 19cm(B6)   
ISBN: 9784622083498
KCN: 1013531936
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: Der Liebesbegriff bei Augustin〈Arendt,Hannah〉

定価:¥3,300(本体 ¥3,000)

この商品は出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合もありますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 132.1
KDC: A12 古代・中世哲学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

「隣人が世界内に存在するのは、決して偶然として理解されてはならない」―社会のきずなの存在論的根拠を問うた、アーレント政治哲学の出発点。

目 次

第1章 「欲求としての愛」Amor qua appetitus(「欲求」appetitusの基本構造;「愛」caritasと「欲望」cupiditas;「秩序づけられた愛」Ordinata dilectio)
第2章 「創造者」Creatorと「被造者」creatura(「被造者」の起源Ursprungとしての「創造者」;「愛」caritasと「欲望」cupiditas;「隣人愛」Dilectio proximi)
第3章 「社会生活」Vita socialis

著者紹介

アーレント,ハンナ (Arendt,Hannah)
1906年、ドイツのハノーファー近郊リンデンでユダヤ系の家庭に生まれる。マールブルク大学でハイデガーとブルトマンに、ハイデルベルク大学でヤスパースに、フライブルク大学でフッサールに学ぶ。1928年、ヤスパースのもとで「アウグスティヌスの愛の概念」によって学位取得。ナチス政権成立後の1933年にパリに亡命し、亡命ユダヤ人救援活動に従事する。1941年、アメリカに亡命。1951年、市民権取得。その後、バークレー、シカゴ、プリンストン、コロンビア各大学の客員教授を歴任、1967年、ニュー・スクール・フォー・ソーシャル・リサーチの哲学教授に任命される。1975年ニューヨークで急逝
千葉眞 (チバシン)
1949年、宮城県生まれ。早稲田大学大学院修士課程(政治思想)修了後、プリンストン神学大学(Ph.D.政治倫理学)。現在、国際基督教大学教養学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)