書籍詳細

書籍詳細




和書

美徳なき時代

アラスデア・マッキンタイアー   篠崎栄

みすず書房 '04.9.17 発行
368,11p 21cm(A5)   
ISBN: 9784622037927
KCN: 1001660379
原書名: AFTER VIRTUR:A Study in Moral Theory Second Edition〈MacIntyre,Alasdair〉

この商品は品切れのため、BookWeb Proでのお取り扱いができません。

納期について
NDC: 150
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

個人主義は生き残れるのか?西欧近代を相対化しつつ、今を生きるとはどういうことか?現代の道徳的危機の系譜をたどり、新たな共生の場を探った、現代の古典。

目 次

一つの不穏な思いつき
今日の道徳的不一致の本性と情緒主義の主張
情緒主義―社会的内容と社会的文脈
先行の文化と、道徳の正当化という啓蒙主義の企て
なぜ啓蒙主義の企ては失敗せざるをえなかったのか
啓蒙主義の企ての失敗がもたらした諸結果
「事実」、説明、職人芸
社会科学における一般命題の性格とその予測力の欠如
ニーチェかアリストテレスか?
英雄社会における諸徳〔ほか〕

著者紹介

マッキンタイア,アラスデア (MacIntyre,Alasdair)
1929年スコットランドに生まれる。ロンドン大学卒業。オクスフォード大学、エセックス大学などで教え、1970年にアメリカに移住。ヴァンダービルト大学などを経て、1989年から1994年に至るまでノートル・デイム大学(インディアナ州)、1995年からはデューク大学(ノースカロライナ州)の哲学科教授
篠崎栄 (シノザキサカエ)
1947年鎌倉市に生まれる。東京大学文学部哲学科卒業。同大学院博士課程修了。現在、熊本大学文学部教授、倫理学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)