書籍詳細

書籍詳細




和書

アメリカ福音派の変容と政治―1960年代からの政党再編成

飯山雅史

(名古屋)名古屋大学出版会 '13.7.10 発行
446p 21cm(A5)   
ISBN: 9784815807344
KCN: 1019580748
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥7,260(本体 ¥6,600)

この商品は出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 312.53
KDC: D25 政治史・政治事情
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

政治と宗教のダイナミズムを統計分析。宗教右派が呼び起こした政治的うねりは、はたして米国でどれほどの力をもってきたのか。エピソードで語られがちな政治と宗教の関係を、長期的な客観データによって検証し、今後を展望した画期的労作。

目 次

第1章 先行研究と分析の枠組み(宗教と政治の関わりに関する先行研究;統合モデル;宗教への帰属と福音派の定義;政党再編成理論)
第2章 福音派の形成とリベラリズムへの反応(福音派の形成;リベラリズムの拡大と福音派の反応)
第3章 福音派と政党対立構造の変容(1960年代の政治変動と未完の政党再編成;宗教右派運動と政党再編成;イデオロギー対立の激化と福音派の新たな変容)
第4章 政党再編成―イデオロギー争点の形成と福音派の変容が生んだ政党支持基盤の変化(争点と政党再編成;福音派の変容と政党再編成;3つのBによる統合分析)
第5章 福音派変容のプロセス―世代交代によって変化した政党支持傾向(問題の設定と仮説;世代交代と転向による変化;福音派の新たな変容)

著者紹介

飯山雅史 (イイヤママサシ)
読売新聞東京本社調査研究本部・主任研究員。米ジョージタウン大学(修士)、政策研究大学院大学(博士)。同紙政治部、リオデジャネイロ、ワシントン各特派員を経て現職。読売テレビ「ミヤネ屋」で解説員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)