書籍詳細

書籍詳細




和書

聖地感覚

(角川ソフィア文庫)

鎌田東二

KADOKAWA '13.10.25 発行
301p 15cm(A6)   
ISBN: 9784044094492
KCN: 1020002125

定価:¥880(本体 ¥800)

この商品は出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 163
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

人を惹きつける聖地の力とは?国内外の聖地を数多く探訪してきた著者は、「春の修羅」をはじめ大地と魂の“秘密の交歓”が記された作品を精読。そして大自然に宿る霊性と、霊長類研究が教える動物たちの聖の直感の謎を求め、一人、京都東山修験道へと赴く。深い森に迷う中で日常の常識を手放した時、身体古層から湧き上がってきたものとは―。人間を自然へと解き放つ野生の声を、躍動感あふれる筆致で描く、聖地のフィールドワーク。

目 次

はじめに―富士山への頌歌 火水の聖地感覚
序章 よみがえる聖地感覚
第1章 聖なるエネルギーと情報
第2章 聖なる場所の感覚
第3章 聖なる場所の秘密
第4章 東山修験道と身一つ感覚
終章 身一つ東山修験道

著者紹介

鎌田東二 (カマタトウジ)
1951年、徳島県阿南市生まれ。國學院大學大学院文学研究科博士課程修了。現在、京都大学こころの未来研究センター教授。宗教哲学・民俗学・日本思想史・比較文明学などを幅広く研究。文学博士。フリーランス神主、神道ソングライター。NPO法人東京自由大学理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

人は何故、聖地に惹かれるのか。永遠の問いに挑む画期的フィールドワーク!聖地の力の謎を求め、京都東山修験道に赴いた著者。深い森に迷い、日常の常識を手放した時、身体古層から湧き上がってきたものとは。人間を自然へと解き放つ野生の声を描く、聖地の画期的フィールドワーク!

鎌田 東二[カマタ トウジ]
著・文・その他