書籍詳細

書籍詳細




和書

構造以来の道―哲学論集1970‐1993

トマス・サミュエル・クーン   佐々木力

みすず書房 '08.1.18 発行
464,20p 21cm(A5)   
ISBN: 9784622073536
KCN: 1000203093
原書名: THE ROAD SINCE STRUCTURE:Philosophical Essays,1970‐1993 with an Autobiographical Interview(2000)〈Kuhn,Thomas S.〉

定価:¥7,260(本体 ¥6,600)

この商品は出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 401
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

衝撃の書『科学革命の構造』以後に公刊された哲学論文集。「科学革命とは何か?」「自然科学と人間科学」ほか、20世紀後半を代表する科学史家・科学哲学者クーンの後期思考の全貌をつたえる。

目 次

第1部 科学革命をとらえ直す(科学革命とは何か?;通約可能性・比較可能性・意思疎通可能性;科学史の中の可能世界;『構造』以来の道;歴史的科学哲学の難点)
第2部 註釈と応答(私の批判者たちについての省察;構造変化としての理論変化―スニード形式主義への註釈;科学の中の隠喩;合理性と理論選択;自然科学と人間科学;あとがき;歴史所産としての科学知識)
第3部 トーマス・S・クーンとの討論

著者紹介

クーン,トーマス・S. (クーン,トーマスS. Kuhn,Thomas S.)
1922‐1996。米国オハイオ州シンシナッティのユダヤ人家系に生まれる。ハーヴァード大学で物理学を学び、軍務を経て、1949年Ph.D.(物理学)。47年ハーヴァード大学で科学史を教え始め、56年カリフォルニア大学バークリー校に移り、その後、64年プリンストン大学教授、79年MIT教授を歴任、91年に引退。1996年6月17日死去
佐々木力 (ササキチカラ)
1947年宮城県生。東京大学大学院総合文化研究科(数理科学研究科兼任)教授。東北大学(在中国瀋陽)講座教授。東北大学理学部数学科卒。76‐80年プリンストン大学大学院でクーンらに学び、Ph.D.(歴史学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)