書籍詳細

書籍詳細




和書

日米における政教分離と「良心の自由」

(MINERVA人文・社会科学叢書)

和田守

(京都)ミネルヴァ書房 '14.3.20 発行
304,9p 21cm(A5)   
ISBN: 9784623070497
KCN: 1020800987
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥6,600(本体 ¥6,000)

この商品は出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合もありますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 316.2
KDC: D21 政治学一般/政治思想・理論
A21 宗教学一般
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

日本とアメリカにおける政教分離はいかなるものか。そして国家と教会(宗教団体)の関係、政治と宗教の関係、歴史の中の起源と現代的課題とは。本書では、とりわけ信教の自由・良心の自由に関して、政治理論、政治文化論、アメリカ文化史・宗教史、日米関係論、日本政治思想史研究といった多角的アプローチから、日本とアメリカの政教分離の実態を解明する。

目 次

政教分離と信教の自由をめぐって
第1部 宗教と政治のあいだ(アメリカ植民地時代の宗教と政治―マサチューセッツとコネチカット;初期アメリカにおける政教分離―マサチューセッツを中心に;神話と現実―合衆国における政教分離;近代日本における政教分離―国家神道体制と信教の自由)
第2部 政教分離の展開(アメリカのクリスマス―政教分離の問題;アメリカの移民政策と“WASP”―見えざる「国体」をめぐって;天皇制国家と信教の自由―立憲政治の展開を通して)
第3部 宗教と政治の現在(「宗教と政治」の現在―政治理論の視点から;カナダに独自な政教分離の試み―憲法と教育制度;戦後日本の政教分離と靖国問題)

著者紹介

和田守 (ワダマモル)
1940年兵庫県生まれ。1973年東京教育大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。山形大学講師・助教授、静岡大学教授、大東文化大学教授・学長などを経て、大東文化大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)