書籍詳細

書籍詳細




和書

社会思想の歴史―マキアヴェリからロールズまで

坂本達哉

(名古屋)名古屋大学出版会 '14.4.15 発行
335,43p 21cm(A5)   
ISBN: 9784815807702
KCN: 1020877941
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,970(本体 ¥2,700)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 309.02
KDC: C11 社会学思想・理論/社会学一般
新聞掲載: 週刊読書人2014年04月18日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

近代と向き合い、格闘し、支えた思想家たちの思考のエッセンスを平易に解説、自由と公共をめぐる思想的遺産を縦横に論じて、現代社会をよりよく考える基盤を指し示す。政治・経済・哲学の枠を超え、近代社会の通奏低音をなす思想の姿を浮かび上がらせた、刺激に満ちた最良の道案内。

目 次

マキアヴェリの社会思想
宗教改革の社会思想
古典的「社会契約」思想の展開
啓蒙思想と文明社会論の展開
ルソーの文明批判と人民主権論
スミスにおける経済学の成立
「哲学的急進主義」の社会思想―保守から改革へ
近代自由主義の批判と継承―後進国における「自由」
マルクスの資本主義批判
J.S.ミルにおける文明社会論の再建
西欧文明の危機とヴェーバー
「全体主義」批判の社会思想―フランクフルト学派とケインズ、ハイエク
現代「リベラリズム」の諸潮流
社会思想の歴史から何を学ぶか

著者紹介

坂本達哉 (サカモトタツヤ)
1955年東京生まれ。1979年慶應義塾大学経済学部卒業。1984年同経済学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学経済学部助手、日本学術振興会海外特別研究員(グラスゴウ大学)をへて、1989年慶應義塾大学経済学部助教授。1996年同教授。2001年博士(経済学)。主要著作に『ヒュームの文明社会』(1995年、創文社。1996年サントリー学芸賞、2001年日本学士院賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

近代と向き合い、格闘し、支えた思想家たちの思考のエッセンスを平易に解説、自由と公共をめぐる思想的遺産を縦横に論じて、現代社会をよりよく考える基盤を指し示す。政治・経済・哲学の枠を超え、近代社会の通奏低音をなす思想の姿