書籍詳細

書籍詳細




和書

宗教とグローバル市民社会―ロバート・ベラーとの対話

ロバート・ニーリ・ベラー   島薗進

岩波書店 '14.5.23 発行
228p 19cm(B6)   
ISBN: 9784000259750
KCN: 1021057899
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,080(本体 ¥2,800)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 161.3
KDC: A21 宗教学一般
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

人類にとって宗教の本質と役割とは何か。グローバル資本主義の猛威がもたらす貧困と格差、環境危機、核、エネルギー問題等、世界規模の困難が人間の未来を脅かすなか、それに対処するための倫理的な連帯の基盤をいかに見出し、育んでいくか。そして偏狭なナショナリズムが各国で勢いを増すいま、丸山眞男の比較ファシズム論から改めて何を学ぶか。本書は、アメリカの宗教社会学者、ロバート・N・ベラー(1927‐2013)と二〇一二年秋に行われた貴重な対話の記録である。孤立を深める日本への警鐘として、死の直前に書かれたベラーの序文も収録。

目 次

1(グローバルな市民社会と市民宗教の可能性;世界市民宗教はいかに可能か)
2(進化・遊び・宗教―人類進化における宗教について;ベラーvs.ベラー―宗教をめぐるふたつの視点)
3(シンポジウム ファンタジーの世界に閉じこもってはいけない―環境危機と国際政治、そして人類の課題)
4(丸山眞男の比較ファシズム論;日本はどこにいるのか)
5(人類進化における宗教;「進化」と超越界の自立性―ロバート・ベラーの宗教論の到達地点)

著者紹介

ベラー,ロバート・N. (ベラー,ロバートN. Bellah,Robert N.)
1927‐2013年、アメリカ・オクラホマ州生まれ。ハーバード大学でタルコット・パーソンズに社会学を学ぶ。日本研究者として出発。ハーバード大学、カリフォルニア大学バークレー校で教授職を務める
島薗進 (シマゾノススム)
1948年生。上智大学教授、東京大学名誉教授。宗教学、近代日本宗教史
奥村隆 (オクムラタカシ)
1961年生。立教大学教授。社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)