書籍詳細

書籍詳細




和書

“わたし”はどこにあるのか―ガザニガ脳科学講義

マイケル・S.ガザニガ   藤井留美

紀伊國屋書店 '14.9.9 発行
301p 19cm(B6)   
ISBN: 9784314011211
KCN: 1021352910
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: Who’s in Charge?:Free Will and the Science of the Brain〈Gazzaniga,Michael S.〉

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は専用在庫センターから出荷予定です。

納期について
NDC: 491.371
KDC: G42 基礎医学
書評掲載: 毎日新聞2014年09月14日,日本経済新聞2014年10月26日,読売新聞2014年11月02日,週刊読書人2014年12月19日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

私たちは責任ある動作主だ―とはいえ、誰かが脳のなかにいて、判断を下し、レバーを引いていると感じることがある。いったい“わたし”の統括責任者は誰なのか?それは脳のなかのどこにあるのか?英国スコットランドの伝統ある一般公開講座「ギフォード講義」で語られた内容をもとにまとめられた、認知神経科学の父とも言われるガザニガの集大成。

目 次

第1章 私たちのありよう
第2章 脳は並列分散処理
第3章 インタープリター・モジュール
第4章 自由意志という概念を捨てる
第5章 ソーシャルマインド
第6章 私たちが法律だ
第7章 あとがきにかえて

著者紹介

ガザニガ,マイケル・S. (ガザニガ,マイケルS. Gazzaniga,Michael S.)
1939年生まれ。カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(心理学)。同大学のSAGE精神研究センター所長。米国認知神経科学研究所の所長を務め、認知神経科学の父とも言われる世界的権威。2001年から大統領生命倫理評議会のメンバーを9年間務める。米国芸術科学アカデミー会員
藤井留美 (フジイルミ)
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

私たちは脳をどこまでわかっているか?――脳科学の最前線で数々の難問に対峙してきた世界的権威ガザニガの集大成。

世界最高峰の学者だけが教壇に立てる「ギフォード講義」をもとにまとめられた本書で著者は、脳科学の足跡を辿りつつ、精神と脳の関係、自由意志と決定論、社会性と責任、法廷で使用されはじめた脳科学の成果の実態などを、やさしく語りかけるように論じる。行き過ぎた科学偏重主義に警鐘を鳴らし、人間の人間らしさを讃える一冊。

目次

第1章 私たちのありよう
第2章 脳は並列分散処理
第3章 インタープリター・モジュール
第4章 自由意志という概念を捨てる
第5章 ソーシャルマインド
第6章 私たちが法律だ
第7章 あとがきにかえて

【著者紹介】
マイケル・ガザニガ:1939年生まれの神経科学者。カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授(心理学)。米国認知神経科学研究所の所長などを務める、認知神経科学の世界的指導者。邦訳された著書に『人間らしさとはなにか?』『脳のなかの倫理』『社会的脳』ほか。