書籍詳細

書籍詳細




和書

“経口摂取の可能性”を探る摂食・嚥下ケア実践ガイド

寺見雅子

学研メディカル秀潤社;学研マーケティング〔発売〕 '14.9.1 発行
264p 21cm(A5)   
ISBN: 9784780911657
KCN: 1021393154
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,640(本体 ¥2,400)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 492.9
KDC: G82 看護学・リハビリテーション
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

ナースの専門性であるケアを重視したやさしい言葉の実践ガイド。摂食・嚥下リハビリテーション看護。

目 次

1 摂食・嚥下障害看護の取り組みと基本的な知識(摂食・嚥下障害看護の基礎知識;経鼻栄養チューブ挿入時のケア;経鼻栄養チューブからの離脱、経口摂取への移行期のケア)
2 摂食機能療法の実際(摂食機能療法とは;摂食機能療法の手順とケアおよび訓練の考え方)
3 摂食・嚥下リハビリテーション疑問解決Q&A(食事・服薬Q&A;リハビリ・訓練Q&A;吸引Q&A;体位調整Q&A;口腔ケアQ&A;退院指導Q&A)
4 摂食・嚥下外来と地域連携(摂食・嚥下外来と地域連携の実際)

著者紹介

寺見雅子 (テラミマサコ)
新横浜リハビリテーション病院看護師長。摂食・嚥下障害看護認定看護師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

急性期から維持期いずれの時期においても,摂食・嚥下リハビリテーションにかかわるチャンスがある看護師ができることを集約.

医療政策上,「経口摂取への回帰」への誘導が進んでいる.患者の身近に存在する看護師が急性期,回復期,維持期のいずれの時期においても,摂食・嚥下リハビリテーションにかかわるチャンスがある.そのために看護師としてできることをわかりやすくまとめた.

【著者紹介】
新横浜リハビリテーション病院看護師長/摂食・嚥下障害看護認定看護師