書籍詳細

書籍詳細




和書

DSM‐5を読み解く〈4〉不安症群、強迫症および関連症群、心的外傷およびストレス因関連障害群、解離症群、身体症状症および関連症群―伝統的精神病理、DSM‐IV、ICD‐10をふまえた新時代の精神科診断

神庭重信   三村將

中山書店 '14.12.5 発行
255p 26cm(B5)   
ISBN: 9784521739762
KCN: 1021776677
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥7,700(本体 ¥7,000)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 493.72
KDC: C23 臨床・その他
G71 神経科学・精神医学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

1 不安症群/不安障害群(診断と概念の変遷;分離不安症/分離不安障害 ほか)
2 強迫症および関連症群/強迫性障害および関連障害群(診断と概念の変遷;強迫症/強迫性障害 ほか)
3 心的外傷およびストレス因関連障害群(診断と概念の変遷;反応性アタッチメント障害/反応性愛着障害 ほか)
4 解離症群/解離性障害群(DSM‐5における解離症群;解離性同一症/解離性同一性障害 ほか)
5 身体症状症および関連症群(身体症状症;病気不安症 ほか)