書籍詳細

書籍詳細




和書

「自己責任論」をのりこえる―連帯と「社会的責任」の哲学

吉崎祥司

学習の友社 '14.12.10 発行
146p 21cm(A5)   
ISBN: 9784761706937
KCN: 1021814116

定価:¥1,760(本体 ¥1,600)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 151.2
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

歴史に否定されたはずの「自己責任論」が復活し、人びとを分断し、社会を荒廃させ、新自由主義的政策を加速する。格差を拡大し、「社会権」を衰退させ、社会保障、労働法制、さらには「国民国家」の解体にまですすもうとする新自由主義。人びとの「心性」までを歪める、そのイデオロギーの歴史、本質、そして超克の道を、庶民とともに学ぶ社会哲学者が提示する。

目 次

1 自己責任論―成立と機能
2 日本型「自己責任論」の特徴と批判的検討
3 「自己責任論」への対抗
4 新自由主義とは何か
5 新自由主義との対抗の基軸としての「社会権」の再建
6 おわりにかえて―社会権の基礎としての人間の根源的平等

著者紹介

吉崎祥司 (ヨシザキショウジ)
1945年生まれ。北海道教育大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)