書籍詳細

書籍詳細




和書

DSM‐5をつかうということ―その可能性と限界

ジョエル・パリス   松崎朝樹

メディカル・サイエンス・インターナショナル '15.3.25 発行
249p 21cm(A5)   
ISBN: 9784895928076
KCN: 1022322810
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: The Intelligent Clinician’s Guide to the DSM‐5,First edition〈Paris,Joel〉

定価:¥3,740(本体 ¥3,400)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 493.72
KDC: C23 臨床・その他
G71 神経科学・精神医学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

1 診断の原則(精神科における診断の歴史;診断マニュアルはいかにしてつくられたか;精神疾患とは何か(そして何が精神疾患ではないのか)
診断の妥当性
次元性
臨床的有用性)
2 各論(統合失調症スペクトラム障害および他の精神病性障害群;双極性障害および関連障害;抑うつ障害;不安障害、トラウマ、強迫性障害スペクトラム;物質関連障害、摂食障害、性機能障害;神経発達症群と行動症群;パーソナリティ障害;その他の診断群)
3 概説(迷えるあなたへ)