書籍詳細

書籍詳細




和書

新宗教と総力戦―教祖以後を生きる

永岡崇

(名古屋)名古屋大学出版会 '15.9.30 発行
353,7p 21cm(A5)   
ISBN: 9784815808150
KCN: 1023471114
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥5,940(本体 ¥5,400)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 178.82
KDC: A21 宗教学一般
A39 日本史(近現代)
書評掲載: 朝日新聞2015年10月18日
新聞掲載: 週刊読書人2016年07月22日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

「いざ、ひのきしん隊」教祖亡き後、その存続をかけて自己形成をはかる新宗教。当局の介入や国家主義の高まり、戦時総動員の動きといった状況のなかで、指導者や信者たちは、前代の「遺産」をどう読み替え、信仰実践の地平を拓いてきたのか。天理教を事例に、人々が生きた新宗教の実像に迫る。

目 次

序章 新宗教と総力戦
第1章 信仰共同体の危機と再構築―飯降伊蔵と本席‐真柱体制
第2章 戦前における中山正善の活動―宗教的世界の構築とその政治的位置について
第3章 「革新」の時代
第4章 宗教経験としてのアジア・太平洋戦争―“ひのきしん”の歴史
第5章 宗教のなかの「聖戦」/「聖戦」のなかの宗教―“ひのきしん”の思想
第6章 「復元」の時代
終章 動員への経路

著者紹介

永岡崇 (ナガオカタカシ)
1981年奈良県に生まれる。2004年大阪大学文学部人文学科卒業。2011年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。現在、日本学術振興会特別研究員、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)