書籍詳細

書籍詳細




和書

戦争に巻きこまれた日々を忘れない―日本とアフガニスタンの証言

長倉禮子   カレッド・レシャード

新日本出版社 '16.7.5 発行
115p 21cm(A5)   
ISBN: 9784406060387
KCN: 1025625481

定価:¥1,540(本体 ¥1,400)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 916
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

紛争は武力では解決できない。歴史を次の時代の基礎に。

目 次

第1章 日本が戦争をしていた時代(戦争の下の学校で;戦時下の私の日々;静岡大空襲の日のこと;敗戦の日を迎えてから;二年後の父の復員;生き残って考えること)
第2章 アフガニスタンの戦乱はどこから来たか(侵略にさらされてきた歴史;米国の報復戦争;カレーズの会の発足;国際社会と日本国政府のアフガニスタン情勢への対応)
第3章 戦争をする国にしないために(人権、仁愛と日本の価値;安保法制になぜ反対するのか;ISはどこから来たか)

著者紹介

長倉禮子 (ナガクラレイコ Reshad,Khaled)
1936年生まれ。元山梨県立女子短大教授。神学研究者。静岡市内で私設図書室「ガレリア布半」を運営、戦争展などを開いてきた。2016年3月に逝去
レシャード,カレッド
アフガニスタン出身。1950年カンダハル生まれ、1969年日本に留学後、76年に京都大学医学部卒業。医師免許を取得、82年に日本に帰化し島田市で開業している。アフガニスタン支援の「カレーズの会」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)