書籍詳細

書籍詳細




和書

相互扶助論

新装増補修訂版

ピョートル・クロポトキン   大杉栄

同時代社 '17.2.25 発行
341p 19cm(B6)   
ISBN: 9784886838131
KCN: 1027990250
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: Mutual Aid〈Kropotkin,Peter〉

定価:¥3,300(本体 ¥3,000)

この商品は書籍取次または出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 309.7
KDC: C11 社会学思想・理論/社会学一般
D21 政治学一般/政治思想・理論
A13 近代哲学・現代思想
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

動物の相互扶助
未開人の相互扶助
野蛮人の相互扶助
中世都市の相互扶助
近代社会の相互扶助

著者紹介

クロポトキン,ピョートル (Kropotkin,Peter)
1842~1921。ロシアの思想家。ロシアでの革命家としての活動は1870年代から1880年代の後半で終わっている。その後イギリスに亡命し、研究・執筆活動を続けた
大杉栄 (オオスギサカエ)
1885~1923。幸徳秋水らの平民社に加わり、電車賃値上げ反対運動、赤旗事件などで数回投獄された。大逆事件後の社会主義冬の時代には、文芸・思想界の近代的自我覚醒の思想を批判しつつアナキズム思想を独特の形で深めた。1923年、関東大震災の混乱の中で、憲兵大尉甘粕正彦により殺害された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)