書籍詳細

書籍詳細




和書

薬の影響を考える臨床検査値ハンドブック

 

第3版

木村聡   三浦雅一

じほう 2017/02 発行
313p B6 19   
ISBN: 9784840749374
KCN: 1028002889
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,080(本体 ¥2,800)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 492.1
KDC: G44 薬学・薬理学・毒物学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

出版社内容情報・注記

検査の意義、基準値、疑われる疾患、薬剤の影響がわかる、コンパクトな1冊!●検査の意義、基準値、疑われる疾患、薬剤の影響がわかる!コンパクトな1冊!
原因は「病気」?それとも「薬の影響」?
薬の影響かどうか、患者さんから質問されたときにも判断するためのヒントがあります。


本書は、臨床上実施されている検査のうち、保険適用される主要な検体検査項目について、検査値の上昇・低下、あるいは逸脱したときに、その原因が「病気」なのか「薬の影響」なのかを判断するためのポイントを解説します。

 第3版では、検査項目・内容をアップデート。また、検査値の「異常値判定スペクトル」を掲載。薬局などで患者さんから検査値について尋ねられたとき、すぐに受診勧奨すべきかどうかなどを判断する目安になります。

 好評の「健康診断などでよく測定される臨床検査値の一覧表」や「主な疾患名から関連する検査項目を探せる便利な索引」も掲載しており、検査にまつわる疑問を解消します。医師、薬剤師、臨床検査技師ほか、すべてのチーム医療スタッフ必携の1冊です。

木村 聡[キムラ サトシ]
編集/監修

三浦 雅一[ミウラ マサカズ]
編集