書籍詳細

書籍詳細


和書

「開かれた学校」の功罪―ボランティアの参入と子どもの排除/包摂

武井哲郎

明石書店 '17.2.25 発行
284p 21cm(A5)   
ISBN: 9784750344799
KCN: 1028018665
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥4,104(本体 ¥3,800)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 374
KDC: C31 教育学一般/教育学思想・理論/教育史・教育事情
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

第1章 「開かれた学校」を問い直す
第2章 「開かれた学校」への質的なアプローチ
第3章 ボランティアの陥穽
第4章 ボランティアが担う役割の転換
第5章 子ども同士の関係性の転換
第6章 「開かれた学校」のインパクト
終章 「開かれた学校」の在り方

著者紹介

武井哲郎 (タケイテツロウ)
立命館大学経済学部准教授。1984年生まれ。2012年、東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(教育学、東京大学)。日本学術振興会特別研究員(DC1)、びわこ成蹊スポーツ大学スポーツ学部助教を経て2016年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)