書籍詳細

書籍詳細


和書

鎌倉古寺霊園物語―時代を彩った文芸、映画、政治・外交の巨人たち

立元幸治

明石書店 '17.3.25 発行
326p 19cm(B6)   
ISBN: 9784750344935
KCN: 1028145496
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,808(本体 ¥2,600)

この商品は専用在庫センターから出荷予定です。

納期について
NDC: 281
KDC: A35 日本史一般・通史・地誌・伝記
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

鮮やかに甦る、昭和の面影。

目 次

第1章 奇縁の人生(「私淑」という人生、「言葉」が繋ぐ絆―山本周五郎と高倉健;気骨の外交官、ここに在り―杉原千畝と堀口九萬一 ほか)
第2章 巨匠と名優の時代(『東京物語』から『彼岸花』まで―小津安二郎と笠智衆;『七人の侍』から『生きる』まで―黒澤明と志村喬 ほか)
第3章 思索と創作の間で(「心友」という絆―小林秀雄と今日出海;碩学たち、その起伏の人生―鈴木大拙と西田幾多郎 ほか)
第4章 この道を行く(異才の越境者―大宅壮一と開高健;言葉と遊び、辞書を楽しむ―井上ひさしと赤瀬川原平 ほか)

著者紹介

立元幸治 (タチモトコウジ)
1960年九州大学卒業後、NHKに入局。主に教養系番組の制作に携わり、チーフ・プロデューサー、部長、局長、審議委員などを務める。NHK退職後、九州産業大学、東和大学などで「メディア論」や「現代社会論」などの講義と研究に携わり、現在は主に執筆講演活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)