書籍詳細

書籍詳細




和書

旅する平和学―世界の戦地を歩き傷跡から考える

前田朗

彩流社 '17.4.14 発行
205p 21cm(A5)   
ISBN: 9784779123030
KCN: 1028145820
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 319.8
KDC: C11 社会学思想・理論/社会学一般
D24 国際関係論・軍事研究・平和問題
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

世界の紛争地や戦争の傷跡が残る現場を旅し、人々との出会いから戦争と平和のリアリズムを見直す。

目 次

第1章 21世紀の戦争と抵抗
第2章 植民地主義、差別、ジェノサイド
第3章 アイヌ先住民族の権利
第4章 植民地主義と戦争の傷跡
第5章 平和の島オーランド
第6章 ピース・ゾーンのつくり方
第7章 軍隊のない国家を訪ねて
第8章 平和への権利を求めて

著者紹介

前田朗 (マエダアキラ)
1955年札幌生まれ。大和民族・日本国籍。中央大学法学部、同大学院法学研究科を経て、東京造形大学教授(専攻:刑事人権論、戦争犯罪論)。朝鮮大学校法律学科講師、日本民主法律家協会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)