書籍詳細

書籍詳細


和書

「テロとの戦い」を疑え―紛争地からの最新情報

西谷文和

(京都)かもがわ出版 '17.4.5 発行
187p 21cm(A5)   
ISBN: 9784780309102
KCN: 1028203091
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,728(本体 ¥1,600)

この商品は専用在庫センターの在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 316.4
KDC: C17 社会問題・社会病理
D24 国際関係論・軍事研究・平和問題
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

9・11以降の「テロとの戦い」の正義とは。安倍政権の自衛隊南スーダン派遣の前途は。難民と子どもたちを救う手立てはあるのか。ISなど「イスラム過激派集団」の実態とは。トランプ米大統領誕生で中東問題の今後は。戦場ジャーナリストが戦火の現場から徹底検証。

目 次

序章 中東問題とは何か―「シリア内戦」を軸に
第1章 フランス同時テロから「テロとの戦い」を考える
第2章 トルコ国境で「シリア内戦」を考える
第3章 戦争はなぜ始まり、どう伝えられるのか
第4章 南スーダンとトルコ・クーデターの「不都合な真実」
第5章 「アラブの春」のダブルスタンダード
第6章 平和の切り札「北風と太陽」
第7章 イラク最新取材から「トランプ時代の中東」を考える

著者紹介

西谷文和 (ニシタニフミカズ)
1960年、京都市生まれ。立命館大学理工学部中退、大阪市立大学経済学部卒業。吹田市役所勤務を経て、現在フリージャーナリスト、イラクの子どもを救う会代表。2006年度「平和協同ジャーナリスト大賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)