書籍詳細

書籍詳細


和書

ぼくの村は壁で囲まれた―パレスチナに生きる子どもたち

高橋真樹

現代書館 '17.4.20 発行
200p 18×14cm   
ISBN: 9784768458020
KCN: 1028277687
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,620(本体 ¥1,500)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 228.5
KDC: C17 社会問題・社会病理
D24 国際関係論・軍事研究・平和問題
新聞掲載: 朝日新聞2017年09月17日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

1章 壁と入植地に囲まれたぼくの村
2章 「占領」とは何か?
3章 パレスチナ問題の歴史をたどる
4章 難民キャンプの子どもたち
5章 インティファーダ―ぼくは石を投げた
6章 ガザ―空爆は突然やってくる
7章 イスラエル市民はなぜ攻撃を支持するのか?
8章 非暴力で闘うパレスチナの若者たち
9章 米国、国際社会、そして日本は何をしているのか?
10章 わたしたちにできること

著者紹介

高橋真樹 (タカハシマサキ)
ノンフィクションライター。平和協同ジャーナリスト基金奨励賞受賞。放送大学非常勤講師として「パレスチナ難民問題」の授業を担当。世界70カ国以上をめぐりながら、持続可能な社会を目指して、取材、執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

子どもたちの視点で伝えるパレスチナ問題の入門書。「丁寧な取材。入門書だが内容には妥協がなく、わかりやすい」高橋和夫氏推薦。

高橋真樹[タカハシマサキ]
ノンフィクションライター。『イスラエル 平和への架け橋』(高文研)により平和・共同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞。世界70カ国以上をめぐって取材・執筆活動を行う。著書『ご当地電力はじめました!』(岩波ジュニア新書)、『観光コースでないハワイ』(高文研)ほか多数。