書籍詳細

書籍詳細


和書

韓国仏教史

金龍泰   蓑輪顕量

春秋社 '17.4.20 発行
200,10p 19cm(B6)   
ISBN: 9784393118238
KCN: 1028296526
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,700(本体 ¥2,500)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 182.21
KDC: A24 仏教
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

伝来から現代までの1700年に及ぶ朝鮮半島における仏教の歴史を簡明な文章で解説。中国・日本にも影響を与えた韓国仏教の全貌を明らかにする。

目 次

序論(仏教の成立とインド仏教の展開;仏教の東アジア伝来と宗派の成立)
本論 韓国仏教史(三国時代―仏教の受容と拡散;統一新羅時代―仏教の大衆化と教学の隆盛;高麗時代―仏教の隆盛と禅・教宗の共存;朝鮮時代前期―儒仏交替の時代性と抑仏の展開;朝鮮時代後期―仏教の存立と伝統の継承;近代―植民地仏教の屈折と近代性の模索;現代―植民地遺産の清算と正統性の探索)

著者紹介

金龍泰 (キムヨンテ)
1970年ソウル生まれ。ソウル大学国史学科卒業、東京大学大学院修士課程修了、ソウル大学大学院博士課程修了。博士(文学)。専攻は韓国仏教史(朝鮮時代、近代)。現在、東国大HK(Humanities Korea)教授韓国仏教融合学科(大学院)教授
蓑輪顕量 (ミノワケンリョウ)
1960年千葉県生まれ。東京大学大学院博士課程満期退学。博士(文学)。現在、東京大学大学院教授
佐藤厚 (サトウアツシ)
1967年山形県生まれ。東洋大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。現在、専修大学ネットワーク情報学部特任教授。専攻は韓国仏教、華厳教学、井上円了を中心とする近代日本仏教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

東アジア仏教を学ぶ上で重要な朝鮮仏教の通史が学べる書はほかになく、本書はその全容を簡明に解説した良書。仏教伝来から統一新羅、高麗・李氏朝鮮を経て現代までを網羅した朝鮮仏教史の翻訳。中国・日本仏教とも関わりが深く、東アジア仏教史上欠かせない朝鮮仏教の全容を簡明な文章で解説する決定版。あわせて仏教の成立から東アジアへの伝来までも解説。

金 龍泰[キムヨンテ]

蓑輪 顕量[ミノワケンリョウ]

佐藤 厚[サトウアツシ]