書籍詳細

書籍詳細


和書

アジアびとの風姿―環地方学の試み

(近現代アジアをめぐる思想連鎖)

山室信一

(京都)人文書院 '17.4.30 発行
390p 19cm(B6)   
ISBN: 9784409520666
KCN: 1028307556
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,672(本体 ¥3,400)

この商品は専用在庫センターから出荷予定です。

納期について
NDC: 220
KDC: A34 東洋史
書評掲載: 毎日新聞2017年05月07日,週刊読書人2017年07月21日
新聞掲載: 朝日新聞2017年06月25日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

人びとの夢のありかは、アジアだった!ここに知ってほしい人びとがいる…アジアにおける思想空間と人びとの旅路。司馬遼太郎や徳富蘇峰、中国学の狩野直喜や台湾慣習調査の岡松参太郎、電通創業者の光永星郎、諜報活動に従事した宗方小太郎や石光真清、日本人教習の中島裁之や中島半次郎など、アジア各地を自らの故郷と思い、生死の場としたあまたの人びとの軌跡が、ここに蘇る。日清・日露から台湾統治、韓国併合、満洲国建国の時代、これらの人びとは、近代のあるべき姿をどう思い描いたのか。閔妃暗殺事件、新聞発行、日本語教育など、深く歴史にかかわりながらも歴史の陰に埋もれた「アジアびと」の姿を描き出す。

目 次

第1章 アジアびとの風声―司馬遼太郎の足音(愛憎相反する思い;司馬さんとの機縁―「天涯比隣」と一枚のハガキの重み;司馬文学の原郷へ―満洲体験とアジアそして国家;アジアとは何か、日本はアジアか;「アジアびと」への道程 ほか)
第2章 熊本びとのアジア―ひとつの「環地方学」の試み(もう一つの坂道を歩んだ熊本びと;熊本とアジアのつながり;空間の心理的距離と交通手段 ほか)

著者紹介

山室信一 (ヤマムロシンイチ)
1951年熊本生まれ。東京大学法学部卒業。衆議院法制局参事、東京大学社会科学研究所助手、東北大学助教授などを経て、京都大学(人文科学研究所)名誉教授。法学博士。専攻は法政思想連鎖史。著書に『法制官僚の時代―国家の設計と知の歴程』(木鐸社、毎日出版文化賞)、『キメラ―満洲国の肖像』(中公新書、1993、増補版・2004、吉野作造賞)、『思想課題としてのアジア―基軸・連鎖・投企』(岩波書店、アジア太平洋賞特別賞)、『憲法9条の思想水脈』(朝日選書、2007、司馬遼太郎賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

人びとの夢のありかは、アジアだった!司馬遼太郎、光永星郎、徳富蘇峰、石光真清、狩野直喜…ここに知ってほしい人びとがいる司馬遼太郎や徳富蘇峰、電通創業者の光永星郎、諜報活動に従事した宗方小太郎や石光真清、日本人教習の中島半次郎や中島裁之など、アジア各地を自らの故郷と思い、生死の場としたあまたの人びとの軌跡が、ここに蘇る。日清・日露から台湾統治、韓国併合、満洲国建国の時代、これらの人びとは、近代のあるべき姿をどう思い描いたのか。台湾統治、閔妃暗殺事件、新聞発行、日本語教育など、深く歴史にかかわりながらも歴史の陰に埋もれた「アジアびと」の姿を描き出す。



同時刊行『アジアの思想史脈』





★著者のメッセージ


人びとの夢のありかは、アジアだった


アジア各地を自らの生死の場とした人びとの軌跡が、ここに蘇る。


いま、異郷や故郷を思って生きる人びとにおくる。

はじめに


第一章 アジアびとの風声―司馬遼太郎の足音 
 一 愛憎相反する想い
 二 司馬さんとの機縁----「天涯比隣」と一枚のハガキの重み
 三 司馬文学の原郷へ----満洲体験とアジアそして国家
 四 アジアとは何か、日本はアジアか
 五 「アジアびと」への道程
 六 懐かしき未来へ-----「アジアびと」の明日とは
 七 人間存在の歌びと、永劫の旅人は帰らず、されど…


第二章 熊本びとのアジア―ひとつの「環地方学」の試み 
 一 もう一つの坂道を歩んだ熊本びと
 二 熊本とアジアのつながり
 三 空間の心理的距離と交通手段
 四 藩校時習館の漢学と刑法学---木村?村と門下生
 五 竹添進一郎と中国・朝鮮
 六 熊本における東洋語学教育
 七 漢学から中国学へ-----狩野直喜と「京都支那学」
 八 中国文学・哲学通史の先駆-----古城貞吉と宇野哲人
 九 アジア連帯----長岡護美の興亜主義
 一〇 世界政府構想----津田静一の「宇内共和」論
 一一 台湾領有と開拓----古荘嘉門と熊本国権党
 一二 台湾統治における旧慣調査---岡松参太郎と狩野直喜
 一三 岡松参太郎の「蕃族・番族」調査と石坂音四郎の「旧慣立法」起案
 一四 大津麟平の「理蕃策原義」
 一五 朝鮮語学習と熊本びと
 一六 朝鮮における熊本びとの新聞事