書籍詳細

書籍詳細


和書

メコンを下る

北村昌之

めこん '17.6.6 発行
675p 19cm(B6)   
ISBN: 9784839602352
KCN: 1028530949

定価:¥5,940(本体 ¥5,500)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 292.209
書評掲載: 読売新聞2017年07月16日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

青海省、チベット自治区、雲南省、ラオス、カンボジア、ベトナム、11年をかけてメコン全流4909キロを下った、東京農業大学探検部学生・OBたちの記録。

目 次

1 メコン源頭へ―1994年
2 メコン源流を下る―1999年
3 雲南省、深い浸食の国を下る―2002年
4 チベット自治区の挫折―2004年
5 雲南省、少数民族地帯を下る―2005年
6 ラオス、メコンの流れのような旅―2005年
7 カンボジア、トンレ・トムを下る―2005年
8 ベトナム、九龍を下る―2005年

著者紹介

北村昌之 (キタムラマサユキ)
1969年横浜生まれ。東京農業大学大学院修士課程修了。探検家を志し東京農業大学探検部へ入部。初めての海外遠征は1990年インドネシア、イリアン・ジャヤでの洞窟探査だった。1992年日本・モンゴル学生合同によるヘルレン川(アムール川源流)降下、1996年モンゴルの洞窟探査、1997年日本・マレーシア合同ボルネオ洞窟探査を率いた。1994年よりメコン・プロジェクトに取り組み、同年8月~10月中国青海省の源頭を探検、メコン川水源を発見した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)