書籍詳細

書籍詳細




和書

プライマリ・ケア医のための内科治療薬使い分けマニュアル

藤村昭夫

じほう '18.5.31 発行
533p 21cm(A5)   
ISBN: 9784840750684
KCN: 1032135054
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥5,500(本体 ¥5,000)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 492.3
KDC: G43 臨床医学一般・診断・治療
G44 薬学・薬理学・毒物学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

臨床経験豊かなエキスパートが日常診療でよく診る疾患に対して治療薬をどう選び、どう使うか?をシンプルにまとめました!!

目 次

総論(最適な処方までのステップ(地域医療における外来診療の心得;高齢患者に対する処方の考え方 ほか)
処方後のフォローアップ(治療効果のモニタリング;有害反応のモニタリング ほか)
診療力アップのためのワザと知識(地域連携・在宅医療の進め方;薬局・薬剤師とのつきあい方 ほか))
各論(外来でよく遭遇する症状と薬の使い分け(発熱・感冒;咳 ほか)
Common diseaseの治療戦略と薬の使い分け(高血圧;不整脈(心房細動) ほか))

出版社内容情報・注記

臨床経験豊かなエキスパートが、日常診療でよく診る疾患に対して、 知っておきたい知識、治療、汎用薬をシンプルにまとめました!●臨床経験豊かなエキスパートが、日常診療でよく診る疾患に対して、
知っておきたい知識、治療、汎用薬をシンプルにまとめました!
●第一選択薬は? 類似薬との使い分けは? 患者の病態にあわせた調整は? 
…薬を使いこなすヒントがあります!
●幅広い領域で、かつコモンディジーズ(common disease)を網羅し、
あらゆるシチュエーションで役立ちます。
●箇条書きで簡潔にまとめているので、スタンダードな治療方法・汎用薬の特徴などを短い時間で検索可能。

患者の高齢化などを背景に、診療所やクリニックなどにおけるかかりつけ医の役割は、ますます大きな注目を集めています。かかりつけ医、つまりプライマリ・ケアに携わる医師(家庭医、総合診療医)は、外来でさまざまな疾患を限られた時間で診療しなければならず、数ある治療薬の選択や治療後のフォローは決して容易なものではありません。

本書は、臨床経験豊かなエキスパートが、日常診療でよく診る疾患に関するスタンダードな治療方法・汎用薬の特徴などを箇条書きでシンプルにまとめ、「治療薬をどう選び、どう使うか」を短時間で検索できる書籍です。

総論(第1章?第3章)では、外来診療の心得から最適な薬物処方の考え方、診療力アップの知識とワザなど、すべての医師が押さえておきたいポイントをまとめました。また、各論(第4章、第5章)では一般的な内科外来で診ることの多い全身の症候・主要疾患における薬物治療戦略や各薬物の特徴、類似薬の使い分けをまとめています。

幅広い領域で、かつコモンディジーズ(common disease)を網羅し、あらゆるシチュエーションで役立つので、ジェネラリストをめざす医師、研修医や在宅医、病院勤務の総合診療医など、プライマリ・ケアに携わる全ての医師必携の一冊です。

総 論
第1章 最適な処方までのステップ
1?01 地域医療における外来診療の心得
1?02 高齢患者に対する処方の考え方
1?03 腎機能に応じた処方の考え方
1?04 薬物相互作用の回避
1?05 妊婦における催奇形性、授乳婦における乳汁移行性の考え方

第2章 処方後のフォローアップ
2?01 治療効果のモニタリング
2?02 有