書籍詳細

書籍詳細




和書

看護師・臨床工学技士のための透析シャントエコー入門―機能評価・形態評価・エコーガイド下穿刺のWEB動画つき

春口洋昭

(大阪)メディカ出版 '18.7.20 発行
214p 21cm(A5)   
ISBN: 9784840465410
KCN: 1032351568
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥4,400(本体 ¥4,000)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 494.93
KDC: G41 医学一般
G82 看護学・リハビリテーション
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

透析スタッフによるバスキュラーアクセス管理の重要性とエコーの役割
超音波診断装置
プローブを持ってみよう
シャントエコーに役立つ解剖
シャントの形態評価
狭窄の描出法
シャントの機能評価
自己血管内シャント(AVF)のルーチン検査
人工血管内シャント(AVG)のルーチン検査
フローチャートとイラストで見るシャントトラブルの病態と治療〔ほか〕

著者紹介

春口洋昭 (ハルグチヒロアキ)
飯田橋春口クリニック院長。1985年鹿児島大学医学部卒業。東京女子医科大学腎臓外科研修医。1986年南大和病院。1988年済生会川口総合病院。1990年済生会栗橋病院。1992年東京女子医科大学腎臓外科助手。2005年東京女子医科大学腎臓外科准講師。2006年飯田橋春口クリニック開業。東京女子医科大学腎臓外科非常勤講師。専門・おもな研究領域:バスキュラーアクセス。主要な所属学会:日本外科学会、日本透析医学会、日本臨床外科学会、日本血管外科学会、日本腎臓学会、日本超音波検査学会、日本医工学治療学会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

血液透析治療ではシャントが不可欠であり、安定して治療を行うためにはシャントの機能維持が欠かせない。透析室において、日々のシャント管理や穿刺にエコーをどう活用するか、シャントエコーの基礎とポイントを透析室スタッフ向けにやさしく解説。

春口 洋昭[ハルグチヒロアキ]
著・文・その他/編集