書籍詳細

書籍詳細




和書

冒頭を読む 世界の名著101

熊木信太郎

論創社 '18.8.25 発行
303p 19cm(B6)   
ISBN: 9784846016524
KCN: 1032573220

定価:¥1,620(本体 ¥1,500)

この商品は書籍取次または出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 019
新聞掲載: 朝日新聞2018年09月01日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

人間観の変遷と時代精神。世界の名著=101冊の“書き出し”の文章はどんなものか?『ハンムラビ法典』から、ホッブス『リヴァイアサン』を経て、ケインズ『一般理論』に至る叡智の系譜を辿る!

目 次

ハンムラビ法典(バビロニア)(紀元前十八世紀)
孫子―孫武(紀元前五三五頃?)
論語―孔子(紀元前五五二~四七九)
歴史―ヘロドトス(紀元前四八五頃~四二五頃)
戦史―トゥキュディデス(紀元前四六〇頃~四〇〇頃)
ソクラテスの弁明―プラトン(紀元前四二八頃~三四七)
政治学―アリストテレス(紀元前三八四~三二二)
史記―司馬遷(紀元前一四五頃~八七頃)
旧約聖書
弁論家について―キケロ(紀元前一〇六~四三)〔ほか〕

著者紹介

熊木信太郎 (クマキシンタロウ)
北海道大学経済学部卒業。都市銀行、出版社勤務を経て、現在は翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

世界の名著101冊の書き出しの文章。 『ハンムラビ法典』から、ホッブス『リヴァイアサン』を経て、ケインズ『一般理論』に至る…世界の名著=101冊の“書き出し”の文章はどんなものか? 『ハンムラビ法典』から、ホッブス『リヴァイアサン』を経て、ケインズ『一般理論』に至る叡智の系譜を辿る。

熊木信太郎[クマキシンタロウ]
編集/翻訳