書籍詳細

書籍詳細




和書

子どもの人権と学校図書館

渡邊重夫

青弓社 '18.9.25 発行
243p 19cm(B6)   
ISBN: 9784787200686
KCN: 1033117353
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 017
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

学校図書館こそが、「自分で考え、判断する」権利を保障しながら子どもを育てる教育装置である。子どもたちの人権と学習権を守りながら、成長をどのようにサポートするのか、そのための重要な点を具体的に提言する。

目 次

第1章 子どもの学習権を保障する学校図書館(「本の中の言葉」がぼくの「味方」に;学校図書館と「教育を受ける権利」(憲法第二十六条) ほか)
第2章 学校図書館と子どものプライバシー―「貸出記録」を軸に(内心とプライバシー;プライバシーの権利 ほか)
第3章 学校図書館とレファレンスサービス―子どもの「知りたい」に応えたい(図書館資源の社会的共有―レファレンスサービスの重要性;「調べる」図書館像の希薄さ ほか)
第4章 「学び方の学び」と学校図書館―「コペル君」、何が正しいかを自ら考え、判断する(「自ら考え、自ら判断する」;「学び方の学び」―学びの質的転換を生み出す ほか)

著者紹介

渡邊重夫 (ワタナベシゲオ)
北海道学芸大学(現・北海道教育大学)札幌校卒業。藤女子大学教授を経て、現在は北海学園大学などで非常勤講師、全国SLA学校図書館スーパーバイザー。日本図書館情報学会会員、日本図書館研究会会員。日本図書館学会賞受賞(1990年、日本図書館学会)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

学校図書館こそが、「自分で考え、自分で判断する」権利を保障しながら子どもを育成する教育装置である。子どもたちの人権と学習権、プライバシーを守りながら成長をどのようにサポートするのか、レファレンスサービスほかの重要なポイントを具体的に提言する。

はじめに



第1章 子どもの学習権を保障する学校図書館

 1 「本の中の言葉」がぼくの「味方」に

 2 学校図書館と「教育を受ける権利」(憲法第二十六条)

 3 学習権の保障装置としての学校図書館

 4 学習権と学校図書館――「教育課程の展開に寄与する」と関わり

 5 学習権と学校図書館――「児童生徒の健全な教養を育成する」と関わり

 6 十八歳選挙権と学校図書館



第2章 学校図書館と子どものプライバシー――「貸出記録」を軸に

 1 内心とプライバシー

 2 プライバシーの権利

 3 学校図書館とプライバシー――「貸出記録」との関連

 4 学校図書館とプライバシー――「読書記録」との関連



第3章 学校図書館とレファレンスサービス――子どもの「知りたい」に応えたい

 1 図書館資源の社会的共有――レファレンスサービスの重要性

 2 「調べる」図書館像の希薄さ

 3 レファレンス演習を通じて

 4 レファレンスサービスの種類

 5 質問内容を正確に把握する

 6 レファレンス資料を整備する

 7 コンピューター社会とレファレンス

 8 教師へのレファレンスサービス

 9 レファレンスの「相互協力」について



第4章 「学び方の学び」と学校図書館――「コペル君」、何が正しいかを自ら考え、判断する

 1 「自ら考え、自ら判断する」

 2 「学び方の学び」――学びの質的転換を生み出す

 3 情報の検索、処理技術と結び付いた「学び方」

 4 「学び方を学ぶ」指導としての利用指導――一九八〇年代から

 5 「学ぶ方法を、組織的に学ぶ場」としての学校図書館

 6 「学び方を学ぶ」ための体系表――一九九〇年代から

 7 「学びの過程の重視」――新学習指導要領

渡邊 重夫[ワタナベ シゲオ]
著・文・その他