書籍詳細

書籍詳細




和書

博物館と観光―社会資源としての博物館論

青木豊(博物館学)   中村浩

雄山閣 '18.9.25 発行
352p 21cm(A5)   
ISBN: 9784639026020
KCN: 1033120420
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,520(本体 ¥3,200)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 069
KDC: E16 資源・エネルギー・通信・交通・運輸・観光
X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

激動する社会情勢のなか、博物館はなにを変え、なにを変えないべきか。政府が4千万人の誘致を目標に掲げる外国人旅行者に対し、博物館はどのような準備ができるのか、またするべきなのか。建物だけのバリアフリー化ではなく、職員の意識をどのように変えていくか。そして、これからの時代を担う学芸員を育成するにはどうすればいいのか。博物館の、そして博物館学の最前線に立つ学芸員や研究者が、博物館の抱える様々な問題について考察する。

目 次

第1章 博物館の設立・運営・展開―地域資源・観光資源としての博物館による地域創生・振興
第2章 観光行政と博物館
第3章 地域博物館と観光博物館
第4章 風土資源を活かした野外博物館の観光
第5章 香港と中国の博物館事情
第6章 観光博物館の必要条件
第7章 利用者を主体とする博物館学芸員の諸点
終章 観光博物館の課題と展望

著者紹介

青木豊 (アオキユタカ)
1951年和歌山県橋本市生まれ。國學院大學文学部史学科考古学専攻卒業。現在、國學院大學文学部教授。博士(歴史学)
中村浩 (ナカムラヒロシ)
1947年生まれ。博士(文学)。立命館大学文学部史学科日本史学専攻卒業。現在、大阪大谷大学名誉教授、和歌山県立風土記の丘館長
前川公秀 (マエカワマサヒデ)
國學院大學文学部史学科卒業。現在、國學院大學大学院客員教授
落合知子 (オチアイトモコ)
國學院大學文学部史学科・國學院大學大学院文学研究科史学専攻卒業。現在、長崎国際大学教授。博士(学術)、お茶の水女子大学。上海大学特別研究員。主な著書『野外博物館の研究』(加藤有次博士記念賞受賞、雄山閣)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)