書籍詳細

書籍詳細




和書

辞書編集、三十七年

神永曉

草思社 '18.12.10 発行
295p 19cm(B6)   
ISBN: 9784794223708
KCN: 1033923779
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,980(本体 ¥1,800)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 813
KDC: B15 日本語
X02 図書館学・書誌学
書評掲載: 産経新聞2019年01月27日
新聞掲載: 毎日新聞2019年01月20日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

出版社に入りさえすれば、いつかは文芸編集者になれるはず…そんな想いで飛び込んだ会社は、日本屈指の辞書の専門家集団だった―。悪戦苦闘しつつも徐々にことばの世界にのめり込み、気づけば三十七年もの間、辞書を編み続けた著者。「辞書編集者なのに明るい?」「辞書と闇社会の深い関係」「『ともかく』と『とにかく』はどう違うか」など、興味深い辞書と日本語話が満載。日本でも希少な辞書専門の編集者によるエッセイ。

目 次

序章 辞書編集者になるまで
第1章 「辞書編集者」とは何者か?
第2章 辞書編集者の仕事とは?
第3章 思い出の辞書たち
第4章 「ことばの専門家」に鍛えられた日々
第5章 辞書と「塀の内側」の深い関係
第6章 辞書編集者、「方言」の世界に挑む
第7章 なぜ、ことばの“誤用例”を集めるのか
第8章 読者との交流が辞書を育てる
第9章 辞書の「印刷・製本」の現場より
第10章 「辞書引き学習」で全国行脚
第11章 辞書以外の世界で「ことばの面白さ」を伝える

著者紹介

神永曉 (カミナガサトル)
辞書編集者。元小学館辞書編集部編集長。1956年、千葉県生まれ。1980年、小学館の関連会社尚学図書に入社。1993年、小学館に移籍。尚学図書に入社以来、37年間ほぼ辞書編集一筋の人生を送る。2017年2月に小学館を定年で退社後も、編纂事業に参画。2014年にNPO法人「こども・ことば研究所」を深谷圭助中部大学教授と共同設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

辞書編集とは“刑罰”である──
辞書編集ひと筋37年、『日本国語大辞典』の元編集長による
苦難と歓喜の回想録。日本語のうんちくも満載。

出版社に入りさえすれば、いつかは文芸編集者になれるはず……
そんな想いで飛び込んだ会社は、日本屈指の辞書の専門家集団だった──。
悪戦苦闘しつつも徐々にことばの世界にのめり込み、
気づけば三十七年もの間、辞書を編み続けた著者。
「辞書編集者なのに明るい?」
「辞書と闇社会の深い関係」
「『とにかく』と『ともかく』はどう違うか」など、
興味深い辞書と日本語話が満載。
日本でも希少な辞書専門の編集者によるエッセイ。

神永 曉[カミナガ サトル]
著・文・その他