書籍詳細

書籍詳細




和書

精神現象学〈上〉

(ちくま学芸文庫)

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘ   熊野純彦

筑摩書房 '18.12.10 発行
670p 21cm(A5)   
ISBN: 9784480097019
KCN: 1033991541
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: Ph¨anomenologie des Geistes〈Hegel,Georg Wilhelm Friedrich〉

定価:¥1,870(本体 ¥1,700)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 134.4
KDC: A13 近代哲学・現代思想
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

感覚的経験という最も身近な段階から、数知れぬ弁証法的過程を経て、最高次の「絶対知」へと至るまで―。精神のこの遍歴を壮大なスケールで描き出し、哲学史上、この上なく難解かつ極めて重要な書物として、不動の地位を築いてきた『精神現象学』。我が国でも数多くの翻訳がなされてきたが、本書は、流麗ながら、かつてない平明な訳文により、ヘーゲルの晦渋な世界へと読者をやさしく誘う。同時に、主要な版すべてを照合しつつ訳出された本書は、それら四つの原典との頁対応も示し、原文を参照する一助となす。今後のヘーゲル読解に必携の画期的翻訳、文庫オリジナルでついに刊行。

目 次

A 意識(感覚的確信、あるいは「このもの」と「思いなし」;知覚、あるいは事物と錯覚;力と悟性、現象と超感覚的世界)
B 自己意識(自己自身であるという確信の真なるありかた)
C(AA) 理性(理性の確信と真理)

著者紹介

ヘーゲル,G.W.F. (Hegel,Georg Wilhelm Friedrich)
1770‐1831年。近代ドイツを代表する哲学者。精神の発展過程を意識経験の学として探究し、その論理を解明したことで、ドイツ観念論の完成者と言われる。イエナ大学、ベルリン大学などで教鞭をとった
熊野純彦 (クマノスミヒコ)
1958年生まれ。思想史家。東京大学文学部教授。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

人類知の全貌を綴った哲学史上最大の快著。四つの原典との頁対応を付し、著名な格言を採録した索引を巻末に収録。従来の解釈の遥か先へ読者を導く。人類知の全貌を綴った哲学史上最大の快著。四つの原典との頁対応を付し、著名な格言を採録した索引を巻末に収録。従来の解釈の遥か先へ読者を導く。

G.W.F.ヘーゲル[ゲオルク ヴィルヘルム フリードリヒ ヘーゲル]
著・文・その他

熊野 純彦[クマノスミヒコ]
翻訳