書籍詳細

書籍詳細




和書

江戸の古本屋―近世書肆のしごと

橋口侯之介

平凡社 '18.12.14 発行
335p 21cm(A5)   
ISBN: 9784582468229
KCN: 1034025397
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥4,180(本体 ¥3,800)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 023.1
KDC: A38 日本史(近世)
X02 図書館学・書誌学
書評掲載: 東京新聞2019年02月10日,週刊読書人2019年03月08日,毎日新聞2019年05月26日
新聞掲載: 週刊読書人2018年12月14日,産経新聞2019年04月07日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

近世の本屋は基本的に古本屋である!!江戸時代の出版社たる版元=本屋の経営基盤は、なにより古書の売買だった。本屋仲間の実態、本替などの商習慣、セドリと書物の還流、経師という源流…、多様な史料を用いて、書物をめぐる商売の実態に真正面から迫る。

目 次

序章 江戸時代の本屋というもの
第1章 本屋の日記から―風月庄左衛門の『日暦』
第2章 本屋仲間と古本
第3章 江戸時代の書籍流通
第4章 経師の役割―書物の担い手として
終章 書物の明治二十年問題

著者紹介

橋口侯之介 (ハシグチコウノスケ)
1947年、東京都生まれ。上智大学文学部史学科卒業。出版社勤務を経て、岳父が昭和初期に開いた和本・書道の専門店である神田・神保町の誠心堂書店に74年入店。84年から店主となる。東京古典会会員。成蹊大学、上智大学で非常勤講師を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

近世の本屋は、新刊本の版元であるより、むしろ古本の取扱いを経営基盤とした。多様な史料から、本を商う実態とその本質をとらえる。近世に始まった本屋は、新刊本の版元であるばかりでなく、むしろ古本の取り扱いを経営基盤とした。多様な史料から、仲間組織、商習慣など本を商う実態とその本質をとらえる。

橋口 侯之介[ハシグチ コウノスケ]
著・文・その他