書籍詳細

書籍詳細




和書

負うて抱えて

二階堂和美

晶文社 '19.1.30 発行
197p 19cm(B6)   
ISBN: 9784794970749
KCN: 1034231834

定価:¥1,620(本体 ¥1,500)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 767.8
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

ある日は曲作りやライブに勤しみ、ある日は寺の仕事に追われ、またある日は子どもとの会話を楽しむ。歌手として、僧侶として、母として、娘として、くるくると役割を変えながら、ままならない日常を仏教の教えとともに生きていく。故郷・広島で浄土真宗の僧侶としても活動する歌手・二階堂和美が、初めて自身の「生活」と向きあった珠玉のエッセイ集。アニメーション映画監督・高畑勲との交流を描いた「いのちの記憶の物語」「最初で最後のデート」も収録。

目 次

1 広島で暮らして(片付かない生活;「あったらいいな」という欲 ほか)
2 いのちの記憶の物語(いのちの記憶の物語;追悼・高畑勲 最初で最後のデート)
3 広がる世界(ハワイ公演;警告音を聞く ほか)
4 僧侶と歌い手(クリスマス;お鉢米 ほか)

出版社内容情報・注記

浄土真宗の僧侶として活動する歌手・二階堂和美がが綴るかけがえのない毎日の機微。初めて自身の日常と向きあった珠玉のエッセイ集。ある日は曲作りやライブに勤しみ、ある日は寺の仕事に追われ、またある日は娘との会話を楽しむ。歌手として、僧侶として、母として、娘として、くるくると役割を変えながら、ままならない日常を仏教の教えとともに生きていく。
故郷・広島で浄土真宗の僧侶として活動する歌手・二階堂和美が、初めて自身の「生活」と向きあった珠玉のエッセイ集。
アニメーション映画監督・高畑勲との交流を描いた「いのちの記憶の物語」「最初で最後のデート」も収録。

まえがき
1 広島で暮らして
2 いのちの記憶の物語
3 広がる世界
4 僧侶と歌い手
あとがき

二階堂和美[ニカイドウカズミ]
著・文・その他