書籍詳細

書籍詳細




和書

コミュニケーション

大澤真幸

弘文堂 '19.3.15 発行
381p 19cm(B6)   
ISBN: 9784335551949
KCN: 1034501239
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,700(本体 ¥2,500)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 361.45
KDC: C13 社会心理・コミュニケーション
新聞掲載: 週刊読書人2019年07月26日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

コミュニケーションについて問うことは、人間とは何か、について考えることである。コミュニケーションはいかにして可能かという問いに切り込む「沈黙の双子」、認知科学や人工知能におけるフレーム問題という難問に挑む「ロボットのジレンマ」、思弁的実在論の検討、さらには脳科学、精神分析における無意識、心理学や精神医学と社会学との接点に浮かび上がる諸問題を鮮やかに考察し、多彩な視点からコミュニケーションの本質に迫る。

目 次

第1部 基礎理論(コミュニケーションの(不)可能性の条件―沈黙の双子をめぐって
フレーム問題再考―知性の条件とロボットのジレンマ
根源的構成主義から思弁的実在論へ―そしてまた戻る)
第2部 応用(交換に伴う権力・交換を支える権力;脳科学の社会的含意;精神分析の誕生と変容―二〇世紀認識革命の中で;女はいかにして主体化するのか―河合隼雄の『昔話と日本人の心』をもとに)

著者紹介

大澤真幸 (オオサワマサチ)
1958年、松本市生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。思想誌『THINGKING「O」』主宰。2007年『ナショナリズムの由来』で毎日出版文化賞を受賞。2015年『自由という牢獄』で河合隼雄学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)