書籍詳細

書籍詳細




和書

パラレル・ライティング入門―12人の文豪に学ぶ文章力と社会人基礎力

入部明子

大修館書店 '19.4.10 発行
141p 21cm(A5)   
ISBN: 9784469222661
KCN: 1034655474
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,980(本体 ¥1,800)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 816
KDC: X01 総記・百科事典・参考図書(逐刊含む)
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

12作家12作品をとおして「書くために読む」=パラレル・ライティング、豊かな人間性を伝えるコミュニケーション能力を養う。

目 次

ガイダンス(書くために読む;パラレル・ライティングとは;プロットと文章作成の型;社会人基礎力を高める;本書の効果的な使い方)
本編(悪妻論―坂口安吾;牛鍋―森鴎外;革トランク―宮沢賢治;旅行の今昔―幸田露伴;蚤―斎藤茂吉 ほか)

著者紹介

入部明子 (イリベアキコ)
1964年福岡県生まれ。筑波大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学。現在、つくば国際大学医療保健学部医療技術学科教授。大学図書館長。文化庁文化審議会国語分科会委員。専門は日米の比較言語教育学。陪審員制度を持つアメリカの文章作成法「パワー・ライティング」に注目し、民主主義を支える論理的な表現力について研究。特に裁判員制度と言語力に関する研究成果は、著書や雑誌連載などで多数発表している。2002年度から2012年度までNHKラジオ高校講座『国語表現1』の監修・講師を務め、2014年度から2017年度までNHKテレビ『国語表現』(Eテレ)で監修・講師を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)