書籍詳細

書籍詳細




和書

図書館巡礼―「限りなき知の館」への招待

スチュアート・ケルズ   小松佳代子

早川書房 '19.3.25 発行
338p 19cm(B6)   
ISBN: 9784152098498
KCN: 1034812188
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: THE LIBRARY:A Catalogue of Wonders〈Kells,Stuart〉

定価:¥2,700(本体 ¥2,500)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 010.2
KDC: X02 図書館学・書誌学
新聞掲載: 日本経済新聞2019年04月27日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

図書館とはただ本を集めた場所ではない。図書館は知の集積所であり、贅を凝らした建築物であり、生と死、渇望と喪失といったあらゆる人間ドラマの舞台でもある。古代エジプトのアレクサンドリア図書館から中世以来のザンクト・ガレン修道院図書館、そして現代のフォルジャー・シェイクスピア図書館、ボドリアン図書館まで、古今の偉大な図書館の魅力を語り、文献の保守・保存・獲得に心血を注いだ「愛書家」たちのエピソードを活写する。著名な図書館のカラー写真も多数収録。

目 次

本のない図書館―口誦伝承とソングライン
アレクサンドリア最後の日々―古代の書物とその保管
完璧を追求して―コデックスの台頭
「忌まわしい者たちの掃き溜め」―ルネサンスの再発見
誰もが自由に―大量の書物があふれかえる印刷時代
「蛮族さえしなかったこと」―ヴァチカン図書館
図書館に秘められたものの歴史―図書館設計の妙技と秘宝
本の管理者―史上最高の司書と最悪の司書
放蕩の真髄―ヒーバー、バイロン、バリー
火神ウルカヌスへの憤怒―火事と戦争で破壊された図書館
伯爵―書物の略奪者と本泥棒
「図書館の内装はささやくように」―ピアポント・モルガン図書館
栄光のために―フォルジャー・シェイクスピア図書館
修道士殺し―架空の図書館
ラブレター―未来の図書館

著者紹介

ケルズ,スチュアート (Kells,Stuart)
作家古書売買史家。ペンギンブックスとその創設者について書いた著書、Penguin and the Lane Brothersで2015年アシャースト・ビジネス著作賞を受賞
小松佳代子 (コマツカヨコ)
翻訳家。早稲田大学法学部卒。都市銀行勤務を経て、翻訳家の柴田裕之氏に師事し、ビジネス・出版翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)