書籍詳細

書籍詳細




和書

3週間de消化器病理〈2〉臨床医のための病理のイロハ

福嶋敬宜

南江堂 '19.5.15 発行
190p 21cm(A5)   
ISBN: 9784524246656
KCN: 1035518232
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,960(本体 ¥3,600)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 493.4
KDC: G43 臨床医学一般・診断・治療
G51 内科学/小児科学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

第1章 消化器疾患への病理学的アプローチ(まずは病態を考えることから;使える武器を整理しておこう!)
第2章 消化管の病変(再生か?腫瘍か?―逆流性食道炎;食道の隆起性病変はこう考える!―癌肉腫 ほか)
第3章 肝・胆・膵の病変(5つの肝生検所見がカギとなる―脂肪性肝障害(NAFLD/NASH)
肉眼ではハデなのに…―限局性結節性過形成(FNH) ほか)
第4章 特講~はじめての研究(研究課題はこう見つけるべし!;「見えるもの」を出発点にすべし!)

著者紹介

福嶋敬宜 (フクシマノリヨシ)
現職:自治医科大学医学部・医学研究科教授。自治医科大学医学部附属病院病理診断部・病理診断科部長・診療科長。1990年宮崎医科大学卒業。NTT関東逓信病院研修医・専修医。1995年国立がんセンター研究所支所臨床腫瘍病理部リサーチ・レジデント。1997年国立がんセンター中央病院臨床検査部医員。2001年ジョンズ・ホプキンス大学医学部病理部研究員。2004年東京医科大学病理診断学講座講師。2005年東京大学大学院医学系研究科病理学講座講師。2006年東京大学大学院医学系研究科病理学講座准教授。東京大学病院病理部副部長。2009年から現職。専門分野は病理診断学、膵胆道疾患の病理学・分子病理学。資格、学会活動等:医学博士(東京大学、1997)、日本専門医機構認定病理専門医、病理専門研修指導医、日本臨床細胞学会細胞診専門医、日本膵臓学会認定指導医(病理)、日本病理学会評議員、日本癌学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)