書籍詳細

書籍詳細




和書

中国博物館学 序論

雄山閣 '19.5.25 発行
302p 21cm(A5)   
ISBN: 9784639026518
KCN: 1035927706
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥9,288(本体 ¥8,600)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 069
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

中国の博物館は増加の一途をたどっており、博物館学の研究も日本以上に進展している。中国の博物館学がいつどのように始まり、どのような背景をもって進められてきたかを日本と中国の気鋭の研究者が、詳細に調査し、考察する初めての論集。

目 次

序章 中国の博物館学
第1章 博物館学の濫觴(中国博物館学の前夜と萌芽期における博物館学の展開について;中国博物館学の萌芽期に関する初歩的研究;萌芽期の中国博物館学の著書に関する研究)
第2章 博物館学の展開(萌芽期の中国博物館学の成果と評価について;中国における博物館資料の保存及び修復について)
第3章 博物館関係法規とその具体(中国における古物古跡保存法に関する一考察―1911年~1945年の法令を中心に;中国博物館関係法規の研究;中華人民共和国の「博物館管理規則」に関する一考察 ほか)
終章 中国の博物館学に関する研究の意義

著者紹介

青木豊 (アオキユタカ)
1951年和歌山県橋本市生まれ。國學院大學文学部史学科考古学専攻卒業。現在、國學院大學文学部教授。博士(歴史学)
張哲 (チョウテツ)
1988年中華人民共和国陝西省西安市生まれ。國學院大學大学院文学研究科史学専攻博士課程前期修了。修士(歴史学)。現在、國學院大學大学院文学研究科史学専攻博士課程後期(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)