書籍詳細

書籍詳細




和書

海外で研究者になる―就活と仕事事情

(中公新書)

増田直紀

中央公論新社 '19.6.25 発行
253p 18cm   
ISBN: 9784121025494
KCN: 1036243712
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥950(本体 ¥880)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 002.7
KDC: X01 総記・百科事典・参考図書(逐刊含む)
書評掲載: 読売新聞2019年09月08日
新聞掲載: 朝日新聞2019年09月07日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

日本人の研究リーダーたちが世界の大学で活躍している。どうすれば海外で研究者になれるのか。応募書類の書き方から、面接の実際、待遇交渉まで、イギリスの大学に就職した著者が詳説。昇進は自己申告制、会議は家庭の用事で欠席可能、公費でティータイム、意外と親身な学生指導など、異文化での研究生活をリアルに描写。各国で活躍する研究者17人へのインタビューも収録。研究職だけでなく、海外で働こうとする日本人必読。

目 次

第1章 海外の大学で働く?
第2章 海外PIになるには
第3章 一七人に聞いた就活事情
第4章 海外の大学での仕事
第5章 大学教員生活のお国事情
終章 それぞれの道

著者紹介

増田直紀 (マスダナオキ)
1976年、東京生まれ。1994年、東京都立八王子東高等学校卒業。1998年、東京大学工学部計数工学科卒業、2002年、同大学大学院工学系研究科計数工学専攻博士課程修了。理化学研究所基礎科学特別研究員、東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻講師、准教授を経て、2014年よりブリストル大学上級講師。専門はネットワーク科学、数理生物学。博士(工学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)