書籍詳細

書籍詳細




和書

未来の地図帳―人口減少日本で各地に起きること

(講談社現代新書)

河合雅司

講談社 '19.6.20 発行
270p 18cm   
ISBN: 9784065160893
KCN: 1036243722
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥928(本体 ¥860)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 334.31
KDC: C16 移民・民族・人口問題
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

2045年、人口8割減の市町村も―。47都道府県はもはや、維持できない!20年後、日本人はどこに暮らしているのか?

目 次

第1部 現在の人口減少地図―日本人はこう移動している(市区町村による“住民の綱引き”に勝者はいない;東京圏 東京は共存の道を探るべき「日本の外国」である;関西圏 三大都市圏の中で減少スピードが最も速いのは、関西圏 ほか)
第2部 未来の日本ランキング―20年後、日本人はどこに暮らしているか(塗り替えられてゆく日本列島;都道府県の人口差は30倍超へ;東京圏という「外国」は、老化に苦しむ ほか)
第3部 それぞれの「王国」の作りかた(なぜ地方創生はうまくいかないのか?;令和時代に求められる5つの視点)

著者紹介

河合雅司 (カワイマサシ)
1963年、名古屋市生まれの作家・ジャーナリスト。人口減少対策総合研究所理事長、高知大学客員教授、大正大学客員教授のほか、日本医師会総合政策研究機構客員研究員、産経新聞社客員論説委員、厚労省や農水省などの有識者会議委員も務める。中央大学卒業。2014年の「ファイザー医学記事賞」大賞をはじめ受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)