書籍詳細

書籍詳細




和書

ケーキの切れない非行少年たち

(新潮新書)

宮口幸治

新潮社 '19.7.20 発行
182p 18cm   
ISBN: 9784106108204
KCN: 1036546916
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥777(本体 ¥720)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 368.7
KDC: C18 社会福祉・社会政策
C22 児童・青年・発達/教育・学習
新聞掲載: 産経新聞2019年08月25日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

児童精神科医である筆者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じなのだ。人口の十数%いるとされる「境界知能」の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開する。

目 次

第1章 「反省以前」の子どもたち
第2章 「僕はやさしい人間です」と答える殺人少年
第3章 非行少年に共通する特徴
第4章 気づかれない子どもたち
第5章 忘れられた人々
第6章 褒める教育だけでは問題は解決しない
第7章 ではどうすれば?1日5分で日本を変える

著者紹介

宮口幸治 (ミヤグチコウジ)
立命館大学産業社会学部教授。京都大学工学部を卒業し建設コンサルタント会社に勤務後、神戸大学医学部を卒業。児童精神科医として精神科病院や医療少年院に勤務、2016年より現職。困っている子どもたちの支援を行う「コグトレ研究会」を主宰。医学博士、臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)