書籍詳細

書籍詳細




和書

情報革命の世界史と図書館―粘土板文書庫から「見えざる図書館」の出現へ

山口広文

樹村房 '19.7.11 発行
402p 19cm(B6)   
ISBN: 9784883673247
KCN: 1036747235
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,672(本体 ¥3,400)

この商品は出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 010.2
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

五つの情報革命をキーワードに世界の歴史と現代社会の構図を改めて整理し、それらに伴う図書館の形成・変貌を視野に入れながら、組織としての役割の変容について考察する。

目 次

粘土板からインターネットへ
第1部 文字と紙が創った世界(文字革命―情報の保存と文明の形成;紙の長い旅―東から西へ;文書庫から図書館への道)
第2部 活字とケーブルが拡げた世界(印刷革命―情報の複製と国民的な情報圏の形成;電信網の構築と情報のグローバル化;欧米における図書館の発達;日本列島の情報革命)
第3部 電子情報が渦巻く世界(ICT革命―情報電子化の激流;ICT革命と図書館)

著者紹介

山口広文 (ヤマグチヒロフミ)
長崎市出身。埼玉大学教養学部卒業、筑波大学大学院修士課程地域研究研究科修了。国立国会図書館に勤務し、調査及び立法考査局長などを歴任。現在、立正大学文学部特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)