書籍詳細

書籍詳細




和書

新制大学の時代―日本的高等教育像の模索

天野郁夫

(名古屋)名古屋大学出版会 '19.8.10 発行
527,12p 21cm(A5)   
ISBN: 9784815809560
KCN: 1036863133
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥4,860(本体 ¥4,500)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 377.21
KDC: C34 大学/高等教育/学術行政
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

改革された大学はどこへ向かうのか。戦前からの試みとGHQ占領下の大転換をへて到達した高等教育の新時代。だが、それは新たな模索の始まりだった。様々なアクターによる議論と交渉を通して、何が選ばれ、どのような問題が遺されたのか。現在の大学改革につながる課題の由来と制度の構造を歴史的に浮き彫りにする。

目 次

第1部 模索と選択(未完の大学改革;設置認可と適格判定;新制度への移行と短期高等教育問題 ほか)
第2部 反省と批判(改革主体による評価;大学人たちの評価;一般教育という問題 ほか)
第3部 修正と改革(新制大学制度の再検討;短期高等教育制度の模索;科学技術教育振興と大学改革 ほか)

著者紹介

天野郁夫 (アマノイクオ)
1936年神奈川県生まれ。一橋大学経済学部・東京大学教育学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。名古屋大学教育学部助教授、東京大学教育学部教授、国立大学財務・経営センター研究部教授などを歴任。東京大学名誉教授、教育学博士。『試験の社会史』(東京大学出版会、1983年、サントリー学芸賞受賞;増補版、平凡社ライブラリー、2007年)他、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)